人気ブログランキング |

<   2018年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

最も恐れていた懸念が起きようとしています

 こんばんは!9月も終わりましたね。今月は台風に地震にと本当に災害ラッシュな月でした。そしてまた台風24号が接近しています。かなり強い勢力のようです。いつもながら気を付けてくださいという何の効力もない決まり文句しか投げかけようがないのですがこればかりは病気と同じで受け入れるしかないですね。

さて、今日のお題は台風のことじゃないんです。私にとって最も恐れていたことが明日にでも起ころうとしています。そう、皆さんももう忘れていると思いますがヤマトから運賃値上げの打診がありました(汗)今回は逃げれそうにないです。まぁいままで引っ張ってこれただけでも良かったと思うしかないか・・・。なんだかんだで8か月くらい引っ張ったのですから。

10月分からってことになりそうですが、現在お受けしている分は値上がり分は当社で負担いたしますのでご安心ください。大赤字ですけど仕方がないですわ。皆さんには罪はありませんから。ただ現在の送料は本当に安過ぎるとは思っています。私が仕入れる送料よりもかなり安いですから。しかも天下のヤマトさんです。福通や西濃じゃないんですから。

私は交渉はしないので提示された額は飲むしかないと思っています。他社への鞍替えはしません。他のところとは縁を切ってもヤマトだけは生命線です。死守します。何卒ご了承ください。

話は変わって、僕はブログを書く際に一筆書きとでも言いましょうか、下書きとか読み返して校正とか一切しないので、とてもおかしな文章になっていることも多々あるかと思いますが次に投稿する記事だけは下書きをすることにしました。難しいことをわかりやすく説明するためには専門用語が使えません。化学用語なんかも使いません。それはなぜかというと、僕が趣味のギターの勉強をする際に難解な用語とかが出てくるともう読む気もしなくなるからです。執筆者だけがわかっていても駄目なんですよね。だから小学生でもわかるように下書きしているんです。

先日のセールのテキストでも誤解がありましたようにあんな簡単なことでも誤解を与えるのですから人に伝えるのって本当に難しいと思います。まぁ私はプロのライターではないのでその辺は御了承くださいね。どちらかというと頭は悪いほうですから。

ただ、いちばんわかりやすいのはシンプルに伝えることです。もう難しいことは書かずに。だって難しいことを皆さんにお伝えしても仕方がないですもん。実際にオイルを作るのは私なのですから。でも素材なんかを売っている以上、誤解があっては困るので最低限お伝えしておかなければならないことをお伝えしようということです。

で、色々と試行錯誤しているうちにこりゃ下書きするしかないべ、と思ったのです。でも究極の結論を先に申しますと「お客様が使ってみて良ければそれでいいじゃん!」という結論に達しました。体でフィールを感じて、音を感じて、油温、油圧。目で見えるもので確認して燃費なんかは僕は声高にはうたわないのですが悪くなる要素などなくて・・・。一部の人をのぞいてはご自分でエンジンを開ける人なんて少ないわけで、使用後のオイルを分析してくれという人も皆無で、もちろん我々はそんなことは至極当然にやるわけですが、それでもエンジンは多種多様だし、乗り手も十人十色だし。オイル相談室なんてやってはいるものの極論を言えば本当に個々にオイルを作りたいくらいです。

おっと、ちょっと逸れてきたか・・・。もっと柔軟にいろんなサービスを展開したいのですがちょっと大所帯になりすぎてしまいそれも難しくなってしまいました。だってメールの返事すらままならないのですから。情けない。これをまともにやってると全く作業が出来ないし夜はさすがに眠いし・・・(汗)

ヤマトの値上げにビビってるようじゃダメですな・・・。移転前からずっと突っ走ってきて脳内も少々沸いてきている気がするので明日と明後日は完全にお休みします。明日は我が人生初の保育園の運動会なんですわ。仕事してる場合じゃないってのww。同世代の皆さんは20年くらい前にご経験されたかと思いますは私はやっとここまで来ました(笑)おれ子供が20歳になるまで生きとるんかいな・・・。そろそろ終活しなきゃとか(汗)これマジです。

話題を変えようっと。MOTO-GPでは相変わらずヤマハが苦戦してますね。原因はECUとやっぱりタイヤでしょうね。エンジンじゃないと思う。スズキが追い上げてますしね。確かに接戦は面白いのですがタイヤくらいワンメークじゃなくていい気がしますね。タイヤって影響が大きいですから。

今回、出光の中上選手が運よくロッシの真後ろを走ることが出来たそうで、トップクラスの選手はコーナーでの動きが全然違うと語っています。へぇ!そうなんだ!としか思えないのですがロッシでさえ今回のレースはスリップストリームを待つしかなかったそうで、ロレンソに言わせればMOTO-3みたいなことしやがって!だそうです。そういえばロレンソとマルケスの関係に早くも赤信号。来期は面白くなりそうです。

ダラダラとすみません。今回のセールのおおよその納期はトップページに掲載しております。2輪デイズは10月の中頃を予定しています。これともう一回の定例セールくらいで年内は終わりそうな感じです。1年は早いですね。昨年の今頃は移転先でボヤキまくってましたね。人生なんとかなるもんやなぁと思う今日この頃です。それでは今日はこの辺で失礼いたします。今日はもちろん下書きはしていませんww。
by narrowde | 2018-09-28 23:38

ネットの記事に翻弄されないで

 こんばんは。もう9月も終盤なんですね・・・。今回のセールにもたくさんのオーダーを頂きましてどうも有難うございますm(_ _)mただ一部で少し誤解を生じたようで申し訳ありません。物事をわかりやすく伝えるというのは難しいなぁと改めて思いました。まぁ書いているのがこの僕では仕方がないか・・・

僕は物をお得に提供することがポリシーでもあるのですが、反面やっていることは凄くハイレベルなことをやっているつもりです。だからうちのお客様は皆ハイレベルで僕たちはハイレベルな集団だと勝手に思っていますしそれが自慢でもあります。だから出来れば初心者にはこの集団に入ってきて欲しくないんです。そういう人はただ単に安さだけに惹かれてうちに入店されるからです。うちより安いオイルはたくさんあるのでそちらでご購入頂きたい。僕は誰でもOKってわけじゃないんです。価格とかじゃないところで通じ合いたい。

ただ情報を発信するだけなら誰にでも出来ます。でも実際にモノを売りながら情報を発信するのはある意味命がけでもあります。最近僕が特に強く感じるのはまだまだ多くの皆さんがネットに氾濫する誤った情報に翻弄されているということです。ただそれは我々業界の人間があまりにも説明不足であるというのも原因ですし、メーカー(開発して作る人)と商社(売り歩く人)との知識の乖離があり過ぎること(要するに売る人に知識が無い=商売優先主義)。そして知識の無い人が売るから使い手も浅はかな知識や情報を鵜呑みにしてそれを情報として発信してしまうという最悪の循環となっているということです。もっとたちが悪いのはメーカーが商社に対して嘘をついているということ。これも商売優先で売ってもらいたいがゆえに嘘を教えるという信じがたいことがこの業界では当たり前に起こっているのです。

自動車メーカーの完成検査偽装問題も然り、燃費偽装も然り、これも販売者(ここではディーラー)に対して嘘をついていたことになります。すなわち多売という行為には必ずこうした偽りというのがつきものなのです。

僕らの業界で言えばフルエステルを100%エステルベースと思わせたり、100%化学合成が実はグループⅢのことだったり、いかにだまくらかして儲けてやろうかという魂胆が少しでも見え隠れしたら僕は即刻取引を中止するのです。そんなメーカーとはつるめないからです。商社も然りです。

今回assen550SSをリリースするにあたって、僕は粘度指数向上剤について少し掘り下げる必要がありました。皆さんが描く誤解を解く為です。粘度指数向上剤=悪というイメージは誰によってもたらされたのでしょうか?一部のノンポリマーをうたうメーカーとそれを使う人たち??恐らくはそうでしょう。無知だから鵜呑みにするのです。そしてここの多くの皆さんも鵜呑みにしているはず。でもお客様の中でもほんの一部の方はそれに気づいています。

 国内に顔ぶれがわかるほどしか存在しないオイルブレンダー(フォーミュレーションを熟知した人たち)や粘度指数向上剤の開発者からするとそれがいかに誤った認識であるか。ただそれを教えようとしない彼らにも大いに責任はあると僕は思いますけど。

そんな僕もまだまだ未熟な研究生ですが、素材というものを皆さんに販売している立場上、少しは知っておいていただきたい事をこれからお伝えしたいと思います。ひとつ勘違いしないで頂きたいのは、そもそもが素材なんて販売する必要のないものだということを御了承頂きたいのです。こちら側だけの物であること。だから一般の方々に教える必要がないし恐らく教えても基本が理解できていなければ理解出来ないものです。

それでは今日はこの辺で失礼いたします。
by narrowde | 2018-09-25 23:51 | オイル雑学

何故いまFCB(PENTA)なのか、その真意

 こんばんは!朝晩冷えますね‥(涙)嫌だなぁ・・・。これからの季節。皆さんは暑いのが過ぎ去ってホッとされているでしょうか。まぁ普通はそうですよね。でもオイルってやつはやはり気温が高いほうが圧倒的に作業がはかどるんです。ただそうは言ってもやたらたくさん作れるわけではなくて一日に作れる量というのは限られます。冬場はそれがさらに少なくなるという感じです。それと体力の消耗加減がやはり夏のほうが楽ですね。

皆さんは僕が老体に鞭打って作業しているというイメージをされているかと思いますが人間には2種類あってデスクワーク向きな人と肉体労働系向きな人がいるとすれば私は文句なしに後者です。ただ何でもよいというわけではなくてやはり自分の好きなことだから出来ているんだと思います。土木作業や農業やれって言われたら嫌ですもん^^;。

最近では後継者について言われることが多いのですが、まぁ他の人には無理かなと思っています。こんな仕事ww。このところ訃報が相次いでいますが言葉は悪いかもしれませんが死後が実に綺麗ですね。かっこいいなぁと思います。もちろん死因である癌という病気との戦いは想像を絶するものだと思いますがそれを表に出さずに仕事もするという強さも見習いたいものです。

さて、本題ですが現在大変ご好評いただいているassen-PENTAですが今回何故Compを採用しなかったのか?この本意は未だ語っていませんんでしたね。いつも新製品を考えながら思うのは、僕の中には常にCompという安心があるなぁと常々思うんです。それと並行してもしこれらの素材が入手できなくなったら・・・という不安も抱えているんです。たまには夢をみることもあります。万が一にもそうなった時に困らない為に次の手が必要でした。簡単なことではありません。でも出来ればもう一手くらいは配備しておきたいなぁとも思っています。それからもう一つ怖いのは値上がりです。これも常に緊張感をもっておかなくてはなりません。仕入れているのは日本の商社ですが素材はそのほとんどが諸外国製ですからね。

そんな精神的な背景もあり、またコストへの挑戦もあり、もちろん最優先は品質(性能)の追求です。ちなみに前回の記事にもありましたように商社という存在。前回は少々悪者扱いしましたが、うちのような弱小企業にとってはもうなくてはならない存在なのです。というのも、製造メーカーと対話は出来てもいざそれを仕入れるとなると直接は取引してもらえない事がほぼ99%です。そんな時に間に入ってくれるのが商社です。そしてこの商社がどのくらい力を持っているかも重要です。そうでないと何社もの商社を仲介することになるからです。実のところ僕もその辺まではわかっていない部分も多いです。

また商社を介するもうひとつのメリットは掛買いが出来るということも大きなメリットです。もちろん最初から掛け売りなんてしてくれませんが取引が増えてくると掛け売りしてくれるようになります。僕は思うんですけど商社ってある意味銀行より凄いよなぁと思えるんですよ。だってお金を借りているのと同じなのにそれで商売までさせてもらえるのですから・・・。だからある程度の仲介手数料は当然なのです。

ここ近年はあらゆる業態でメーカーが商社を絞り込んでまたその商社が卸先の商社を絞り込むという連携が進んでいるように思います。工具なんかもそうですね。例えばオレンジブックで有名なトラスコやどてらい市でも有名な山善なんかも卸先の商社を年間取引額の多い商社に絞り込んで、小さな会社には直接卸さなくなっています。だからこれらの商社と直接取引が出来る地方の大手商社は絶対的な強さを得ているんです。だって自社を通さないと卸せないシステムなのですから。もちろんオイルなんかもそうです。メーカーが直接というのは先ずありません。自分たちは開発に専念して販売は商社に任せているんです。商社は売りのプロ集団ですから開発者は楽ですよね。

実はこんな弊社にもそんな商談がチラホラあるんです。まぁスタイル上物理的に無理なんですけどその分横の繋がりは出来てる感じです。くどいようですが。僕の場合はダイレクトレスポンスマーケティングという手法を用いていますので何かを他社に委ねるわけにはいかないのです。開発者がプレゼンをして自ら直売するのですから。まさにダイレクトなわけです。

 ダラダラとすみません。普通なら夏祭りセールを8月に打ち上げるのですがなんやかんやで少しづつずれてます(汗)発送も通常に戻りましたのでこの連休あたりにっ久々の「男気セール」をやらかしたいと思います。くだんの0W-40がメインかと思いきやなんのなんの!これはほんの一部です。定例セールと同時開催しますのでよろしければセールにご参加くださいm(_ _)mチラシは土曜日頃にメルマガで配布します。ちなみに今回は高粘度がメインの展開です。もうちょっと早く出せよ!と怒られそうですね^^;。それから2輪のオイルについては別日で来月あたりにもう一発これも久々の「2輪DAYS」をやらかしますのでライダーの皆さんはご期待ください。

MOTO-GPでは来期ついにヤマハがV4エンジン投入か・・・と噂されていますね。間に合わないと思いますけど。どうなんでしょうね・・・。次回は粘度指数向上剤について少し思うところを書いてみますね。ではでは!
by narrowde | 2018-09-20 20:06 | エフェクタールブ

また痛ましい交通事故が起きました

 こんばんは。今日は少し気温が高めでした。そんなことよりいきなり本題ですが、本日深夜岡山県の美作町の中国自動車道で耳をふさぎたくなるような痛ましい交通事故が発生しました。1歳の女の子と2歳の男の子が犠牲になってしまいました(涙)なんてことでしょう・・・。

ハイエースバンと思われますが走行中に小動物が飛び出てきたそうでこれを避けようと急ハンドルを切って中央分離帯に衝突後追い越し車線上で横向きに停止してしまい、そこへ後続のテスラが横っ腹に突っ込んだというのが事故のあらましのようです。ハイエースの両親とテスラの2名はいずれも軽傷。私は画像しか見ていないのですがなんとチャイルドシートは助手席に設置・・・。恐らくもう一席は後部座席と思われますが恐らくは助手席の後ろに設置というのが王道ではないかと。それで運転席の人と運転席の後部座席の人は軽傷で済んだのではないかと想像します。

もう起こってしまったことなので何を言っても始まりませんが、あらゆる不幸が重なってしまったとでもいうしかないのか・・・。もうねいたたまれませんわ。この世に生を受けて未だ365日と700日ぽっちですよ・・・。かわいそうで・・・。心よりご冥福をお祈りしますとともに自分自身にも教訓として強く心の中に焼き付けたいです。

以前にもこのブログで書いたことがあるんですけど、今後やりたいことの一つに自動車の安全性強化策というのがあります。もっと簡単に言いますとロールケージです。実はオイルと同じくらい常に考えているのですが、最近ちょっとよそ見してしまうことがあったんです。それは「金持ちはどうして高級車に乗るのか?」ということです。もちろん,見栄とかというのもあると思うのですが第一には事故が未然に防げるという理由もあると思うんです。防げるというよりは軽減出来ると言ったほうが正しいかも。だって仮にメルセデスに向かって追突する人っていないでしょう・・・。

ただこれには盲点がありまして、例えば今回のような事故とか自損事故に対してはあまりメリットが無いということがわかったんです。というのも先日どこかでパトカーに追跡された挙句、田んぼに転落して重傷を負うという滑稽な事故があったのですがその田んぼに落ちてフロントからルーフまで大破した車をみて私は衝撃を受けました。なんとセンチュリーだったのです。意外にもろいのだなぁと・・・。ただこれロールケージがあれば軽傷で済んだのではと改めて実感したのです。

だってラリーだとこんなの茶飯事ですし、レースカーでもハロのような保護フレーム的なものが常識化されていますし。これもっと市販車にフィードバックして欲しいと思うのですが、まぁ色々な制約上無理なんんですよね。不便さとか乗車定員の確保とか重量増とか・・・。

ここ最近の車はEV化とか自動運転とかの電気ギミックに走り過ぎで肝心なことが軽視されているように思えてなりません。2輪でも先日BMWが完全自立の無人自動走行のGS1200の開発に成功したとありましたが、一体どこに向かおうとしているんでしょうか。ヤマハや本田もやってるみたいですが。

トヨタなんかは最近になってようやくレーザー溶接のシャーシをプリウスで採用したらしいですがこんなのアウディやゴルフならもう10年も前から導入している技術です。まぁでもそうなると直せる板金屋さんも限られてきますけども。

 ある悲惨な事故をきっかけに僕は自動車の安全性について真剣に考えるようになり、そして今日の事故をきっかけに行動を起こす決意をしました。もちろんまだ何も決まっていませんが本日9月15日当社は「セーフティ部門」をローンチします。コンセプトは「死なないクルマづくり」もちろんもはや私一人では無理なので今後色んな方々にご協力いただきたいです。今日はこの宣言にお立合い頂きまして有難うございます。

アホか?と思われるかもしれませんがエフェクターだって当初はそう思う人も多かったんですよ。僕のやりたいことは決して多くの需要は見込めないけど少なからず需要はあると思えることです。そしてそれをやり続ければ認めてもらえる時が必ず来ると思いますし、その過程をまたこのブログでも発信し続けていきたいです。

ブログを馬鹿にする人も多いですが僕にとっては重要なツールとなっています。ヤフオクもそう。このふたつがないと生きていけないくらい大切です。

もちろんこんな事故が起こる確率は人生においてとても低いですし、ずっと同じ車に乗り続けるわけでもないので事業としては成り立たないかもしれませんけどやらないことは後悔しかないので。もうすべてが自己満足の世界なのでしょうね。性分かな。もう元気な人生も何年残っているかわかりませんけどやり尽くしたいものですね。

僕ら世代から上の人たちって子供のころチャイルドシートなんてなかったですけどどうしてたんでしょう・・・。シートベルトも2点式でしたし。時代を感じますね。スポーツの世界では毎日のようにハラスメントだなんだのとやってますが僕らの時代はケツバットなんて当たり前でしたし先生にグーで殴られてませんでしたっけ。でももし自分の子供がそれをやられたら僕はたぶんモンスターなんちゃらに変身しますよ^^;。もうそういう時代なんですね。

それでは今日はこの辺で失礼いたします。大きな宣言をしました。お金が要りますね・・・。ではでは!
by narrowde | 2018-09-15 23:56

安いオイルと高いオイルの違いは?????

 こんばんは!!中々投稿出来ず申し訳ありません。体調を気遣っていただくメールが多いのですが風邪で休んだのはあの一日だけです^^;。まだ治ってないですけど仕事していたほうが調子が良いってなものです(笑)というか娘に風邪をうつしてしまったようで父親としてサイテーだなと猛省しているところです。

北海道の大地震からこちら世間でも色々なことがあったようで色々と書きたいこともあるんですけど衝撃的だったのはサンマリノGPのMOTO-2クラスでの超絶な危険行為です。なんと走行中に相手のフロントブレーキを握るという愚行・・・。これは前代未聞ではないでしょうか。「プロライダーとしてあるまじき行為・・・」云々書かれていますけどプロとかアマとか関係なく犯罪でしょうコレ。もちろん極限の世界で戦っているわけですから闘争心というのはかなりのものなのですが超えてはいけない一線ですわな。いやぁ怖いコワイ。ロッシとマルケスの確執どころじゃないですよ。

しかしこのところドカが強いですねぇ。マシン的には最強でマルケスは技術で首位をキープしている感じでしょうか。しかし凄いレベルの戦いです。ヤマハが苦戦していますがそれでもコンマ2~3秒のお話ですからね。頭のねじが完全に3本くらい緩んだ連中ですよ。まったく。

そういえばブレンボのサイトでF-1とMOTO-GPのブレーキの差を表しているコーナーがあるのですが中々興味深いです。みなさんも覗いてみてください。

さて、本題ですが長らくオイル相談室をやっている中で、今日のお題そのままの質問が寄せられました(汗)最初は愚門だと思ったのですがあとでよーく考えると意外とこんな疑問もっている人多いんじゃないかなと思ってみたり・・・。でもこれオイルというフレーズを例えばクルマに置き換えてみたりすると答えは自ずと見えてきますよね。高い車と安い車の違い?もちろん性能、素材、サイズ云々となってきますよね。じゃぁオイルはどうなんでしょうか・・・。ちなみにうちの場合のみでお答えすると価格差の要因は素材の差(主には配合量)ということになろうかと思います。もちろんベースオイルの種類や粘度の違いによっても価格の差は生じるのですが、例えば同一粘度のオイルで比較するならやはり配合されるエフェクターの量の差ですね。イコール性能差ということになります。単純すぎてごめんなさい。ただいくらでもというコストの壁が無ければこんなに苦労はしないのですが・・・。

ちなみに他社様のオイルはどうなの?と言われると答えはわかんない(汗)でも例えばVHVIのみの5W-40として比較するなら20Lペール缶で安いところなら8000円くらいで、これがドメスティックなメジャーメーカーとなると30000円くらいするでしょう。多分中身は同じようなもんですよ^^;。ただこれのカラクリが最近になってやっとわかってきたんですわ。これいいのかなぁ書いても・・・。

例えば後者の30000円/20Lのようなメーカーの場合、定価販売を強制してくるケースが多いんです。でもどんなハイクラスなメーカーのオイルでも定価の60%掛けくらいでは仕入れられると思うんです。もちろん商社経由で。となるとそこから商社が20%は抜くとしてその時点での原価は40%ですから12000円となりますよね。実はここが実質オイルメーカー(製造元)が売りたい価格なんですよ。そしてオイルメーカーも20%は利益がないとやれませんからおおよその原価は定価の20%の6000円くらいではないかと・・・。そうなると最安値の8000円でも利益が出るという計算になりませんか??ぼろいですね・・・。まぁでもそんなに世間は甘くないですけど少なくともメーカーから商社というラインまでは確実に利益が取れるようになっているわけです。販売店はこの40%の中でしのぎを削るわけですわ。

これは別にオイルに限ったことではなくておおよその商品ってこんな感じじゃないかと想像しています。仮に400万円の新車なら製造原価は80万円かそれ以下です。そうでないと30万人もの従業員が雇用出来ませんものね。それが経済の流れというものなのだと想像します。要するに我々は品質とは何ら関係の無い部分にお金を払っているというわけです。

僕が従業員を雇用しない理由が少しわかって頂けましたでしょうか・・・。品質とは関係の無い部分にコストがかかってしまうからです。すなわちお求めやすく提供出来ないし品質も追及出来ないというわけです。高く売れれば良いのですがうちのオイルが高かったら誰も買わないでしょう??(苦笑)なので今回の新工場なんかも余計なコストなのですがこれはまぁ必要悪です^^;。これがないと仕事が出来ませんから。

なんだか表題の件から離れてしまった感がありますが今回の質問はうちの場合は全く当てはまりません(涙)まぁでも最近は本当に僕と同じ思考の横の繋がりが構築されてきているんですよ。

話は逸れますがキーエンスって企業ご存知でしょうか??従業員の平均年収が2000万円という超絶高収入で有名なセンサーの会社ですけど、従業員一人当たりの売り上げが1億円で利益率が40%というのですからそりゃあ2000万円もらっても罰あたりませんよね。しかもノルマが無いらしく製造も外注だそう。すげぇ会社だなぁと思いました。深夜に書く記事じゃないですね(涙)

あの暑い夏は一体いずこへ…(涙)この時間になるともう寒いくらいです。暑い夏よカムバック!!シェーン!!カムバック!!それでは今日はこの辺で。
by narrowde | 2018-09-13 00:53 | オイル雑学

今度は北海道・・・

 こんばんは。今朝の報道をみて驚愕しました・・・。今度は北海道か・・・。一体どうなってるんだろう!!日本中が満身創痍ですね。近畿や北海道のお客様。心よりお見舞い申し上げます。自然の猛威にはなすすべがありません。せめていざというときの為の備えだけはしておくべきだと思います。特に小さなお子さんや高齢者がおられるご家庭は。

そんな私ですが昨日から風邪を引いたみたいで今日は不覚にも仕事を休んでしまいましたm(_ _)mプロのアスリート(仕事人)として失格です。申し訳ありません。明日からはなんとか復帰します。ひとつ気づいたのは寝ているより立っていたほうが楽なんです。横になるというのは必ずしも正解ではないのかもしれません。私は幼少期に喘息を患っていましたがその時も横になると余計に辛いので座って何かにもたれかかっているほうが呼吸が楽でした。そんなのもあってかこの歳になっても風邪をひくと喘息ぽい症状になります。

話は変わるのですが先日奈良県で発生した未成年者によるバイクでの8人死傷事故。なんとも痛ましい事故でした。バイク3台(大型1台と原付スクーター2台)で8人死傷という時点でやらかしたな・・・という事はすぐに想像出来たのですが、せめてヘルメットを被っていればここまでの惨事にはならなかったろうにと残念でなりません。もちろんやらかしたことは全くもってお話にならない内容ですが14歳から18歳なんてまだ子供じゃないですか・・・。脳がまだ発達していないんです。

この事故のコメント欄は「自業自得」とか「親も喜んでいるんじゃないか」等の誹謗中傷な内容ばかりが羅列されていますが、一つだけ言えるのは散って良い命などないということ。それから我が子が死んで悲しまない親などいない。よく言われるのは「子育てと介護はやった人じゃないとわからない」ということ。僕も2輪の業界にいてこれと似たような事例に何度も遭遇しましたが悲しまない親はいませんでした。悲痛です。亡くなった人のことをどうのこうの言うのはどうかと思うし、いちいち記事にコメントを募るやつらもおかしいんじゃないかと思う。恐らくは自分のストレスをここで発散するしかない弱い人たちなんでしょうね。

 歪んでますよね・・・社会が。僕なんかはもう将来のほうが短いから良いけどこれからを生きていく子供たちが心配でしょうがないですわ。人生100年時代ですもんね。内燃機が全盛の時代に生きれて良かった・・・。

最後にまたお詫びですがメールの問い合わせのお返事が全く追いついておりません。正直にいいますとこれだけで人員が一名必要なレベルの量なんです。常にPCに張り付いた状態でです。おまけにメーラーの具合が最悪に悪いんです。それからせっかく質問されるのですからもっと詳しい内容をお伝え頂きたいのです。カウンセリングですから情報は多いほうがお答えしやすいのです。最悪なのはこちらの返答が迷惑メールフォルダーに入る設定になっているかたが少なくありません。そんなの論外ですわ。時間が勿体ない。

 最後にまもなく登場の0W-40に関するお問合せが多いので少しチラ見せしますと先ずベースはPAOです、全PAOです。そしてANが入ります。このPAOはこれまでの出光のPAOではありません。今後登場するAN-LINEの先鋒が今回の0W-40になります。全PAOなんて例えGT-Rでも必要のないレベルですがあえての全PAOです。価格は過去最高となりますことを御了承ください(汗)それでも有名他社様のオイルに比べたらお求め易いです。これらは売るためのオイルと言うよりは魅せる為のオイルです。Liseやassenとはコンセプトが対極のオイルです。共通して言えるのはどちらも儲からないということでしょうか(涙)Narrowdeもいよいよ高級路線か?と思われるかもしれませんが僕の場合それはないですww。お金にはご縁が無いということが分かり切ってますので(爆)それにこの歳から人生大逆転なんてないですし。しかもこんな業界で。だから自分が楽しいことをやってればそれで幸せなのです。なので皆さんも一緒に楽しんでいただけますと幸いです。だから納期がどうのとか〇〇が一個届いていないとかで目くじら立てないでもっと優雅に行きましょうよ。貴方様の大切なお金を取って逃げたりしませんから(笑)

価格はお求め易いですが商品は高級なものばかりです。しかも入手が困難な素材が多いのでたくさん作れない。なので終身大量生産はしません。少数精鋭主義で邁進しますのでどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m
by narrowde | 2018-09-06 21:15


エンジンオイルや表面処理、モーター関連に関するコアな情報をお届けします^^v


by narrowde

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

検索

最新情報ですよ(^0^)V

エンジンオイルやウエットブラストをはじめ当社の取り扱い商品が購入できるオンラインショップが遂にオープン!!貴方に最適なオイル選びとハイクオリティウエットブラストならぜひ当店へ!



オイル相談室
のフォームを設置しました。お気軽にご利用くださいませ。



当社に対するあらゆるお問い合わせは、お気軽にメールはこちら
までお問い合わせ下さい。




カテゴリ

全体
エフェクタールブ
ホームページ
オンラインショップ
Bクラスオイルコラム
エンジンオイル
Starkシリーズ
ウエットブラスト
オイル雑学
セールSale
バイク

未分類

フォロー中のブログ

【匠のデジタル工房・玄人専科】
Psychederhyt...
近藤岳志の建築設計日記

ライフログ