人気ブログランキング |

ネットの情報を鵜呑みにし過ぎですよ!!

 こんばんは!おかげさまで決算の資料をほぼ提出することが出来ました。ただ実は発送も休んではおりませんでした。やはりこれが最優先なんですわ。決算なんて何の為?税務署や銀行に良い顔をする為?もう僕にはそんな必要がないんです。ただただ僕はオイルを作っていたいだけです。無心に。でもひとつこれから商売を始める人にアドバイスするなら事業資金の融資を受けるなら今がラストチャンスかなという感じです。これからは融資が受けづらくなりますよ。もちろん勝算のある事業にならばお金も貸してくれるでしょうけど。そんな明るい事業は中々今からは難しいでしょうね。個人でヤフオクでもやってるのが一番だと思います。

ネット社会になってから本当に世の中が歪んでるなぁと感じるのは僕だけでしょうか・・・。どんな記事に対しても批判的なコメントが多数を占めます。これね、何をあらわしているかというと、人間の本性というか、リアル社会では言いたくても言えないからこういうところで発散するんですよね。でもってそのほとんどが妬みなんですよ。いまや皇室まで批判の矢にさらされる昨今ですから世も末というものです。なりたくて皇室に生まれたわけじゃないのにね。気の毒だなぁと思います。興味はないですけど。

 そういう僕は先ず組織からの脱退を進めています。先ずは商工会を脱退しました。僕にとっては何の役にも立たない組織だとわかったからです。まぁ〇〇会なんてのはおおよそ生きていくうえで何の役にも立ちません。自治会なんかもそうです。これも皆本当はいやいややってるでしょう?こんなものは市役所の職員が楽をするために市民に押し付けているだけのものです。昔からの悪しき慣習です。というか世の中の全てのシステムは嫌と言えない人間を上手く利用したものばかりなんですよ。そういうことに早く気付いて子供たちにくだらない慣習を残さないようにしないといけませんね。とかなんとかいいながら当の僕はなんと今期、自治会の副会長になってしまいました^^;。このクソ忙しいのに・・・。くだらないですよね。ほんと。

さて!くだらない話題はこのくらいにして、当店の新規のお客様はおかげさまで右肩上がりに増えているのですが・・・。「このオイルは100%化学合成油ですか?」とか「〇〇社のオイルと比べてどうですか?」なーんていうお問い合わせが後を絶ちません。うちでは「化学合成油」なんてフレーズはとっくに死語になっていますし、他社様のオイルとの対比は使ったことがないですし、何が入っているかもわからないのでお答えのしようがないのです。というわけで改めて当店のスタンスをわかりやすくお伝えします。

〇化学合成油というのは売り手の都合で使われる自由な表現であるため、当社では全てをベースオイル表記とし、出来得る限りその配合量も表記することにしています。 ベースオイルの知識があればそれが最もわかりやすい表記だと思うからです。そのためにはベースオイルについての知識を深めて頂きたいです。特に初心者の方々。

〇少なくとも有名なハイクラスなオイルメーカーは他社の事は全く気にしていません。独自性を主張します。そこが全てなのです。これに対してユーザーが出来ることは自分で使って判断することです。自分の判断が最良と思って頂いて構わないかと思います。どんなに緻密なブレンドをしても使い手が「うん」と言わなければ駄目です。数値と体感は別物で使い手はまず体感(フィール)で感じるのです。うんちくはそのあとで良いのです。

僕がここであまり難しいことを書かないのはいくらそんなことを書きならべても使い手は十人十色だしエンジンも環境も十人十色であるということ。だから伝わらないことを書いても仕方がないのです。逆に言うと子供やお年寄りでも体感出来る(要するに運転者以外でも)オイルこそが良いオイルなのではないかということです。

そのうえで僕が考える「良いオイル」というのは保護性能と清浄性だと思っています。エンジンを確実に保護して綺麗にする。これに尽きます。またこの保護というのは実に広義で摩擦からの保護、熱からの保護、酸化からの保護,泡からの保護とあらゆるネガな要素から保護することを意味します。そしてクリーンを維持する。これこそが良いオイルです。「レース用オイル」なんていうとかっこいいですが結局は保護能力と清浄能力です。ここのレベルをいかに上げていくかです。なので言い換えるとレースで使えないオイルなんて実はないのです。いかにドライバーを安心してゴールまで行かせてあげるかです。これはストリートでも同様です。目指すところは同じです。

では価格の高いオイルと安いオイルの違いは何ぞや?と言いますと。先ずはベースオイルのグレードの違い、次に粘度指数向上剤(いわゆるポリマー)のグレードの違い、そしてパッケージ添加剤のグレードの違い、この3点において安いオイルはグレードの低いものを使っているし、高いオイルはグレードの高いものを使っているということ。同じ粘度の同じ規格でも使う素材によって価格は何倍も違ってくるのです。それに加えてブランド代が加わると最終価格になります。

うちの場合はブランドじゃありませんのでブランド代は加味されておりません(涙)僕の自慢はギークを相手にしているということ。なので初心者の方々はちょっと入って気辛い面もありますが敷居は低いので一度暖簾をくぐったなら頑張ってついてきていただきたいです。うちはお求めやすいので。

ただネットの情報を自分の知識としないでください。ネットの情報はほぼほぼ間違いが多いです。なのでオイルの勉強ならオイルだけを検索せずに関連するキーワードで検索してあらゆる方向で勉強されると間違った知識が入りませんし知り得た知識が強くなります。例えばエステルはオイルシールに影響を与えるから駄目だ!なんて言っている人は逆にオイルシールの勉強をすれば違う角度からオイルの事を学ぶことが出来ます。そうするといかにネットの情報が間違っているかということに気が付いてくるんです。まぁめちゃめちゃ深い世界ですから難しいのですが点と点がつながった時は本当に快感です。まぁ頑張ってください。そうすると100%化学合成油なんて言っていた自分が恥ずかしくなりますよ^^;。あー馬鹿だったなぁと。

それでは今日はこの辺で失礼いたします。
by narrowde | 2019-03-27 09:29 | オイル雑学


エンジンオイルや表面処理、モーター関連に関するコアな情報をお届けします^^v


by narrowde

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

最新情報ですよ(^0^)V

エンジンオイルやウエットブラストをはじめ当社の取り扱い商品が購入できるオンラインショップが遂にオープン!!貴方に最適なオイル選びとハイクオリティウエットブラストならぜひ当店へ!



オイル相談室
のフォームを設置しました。お気軽にご利用くださいませ。



当社に対するあらゆるお問い合わせは、お気軽にメールはこちら
までお問い合わせ下さい。




カテゴリ

全体
エフェクタールブ
ホームページ
オンラインショップ
Bクラスオイルコラム
エンジンオイル
Starkシリーズ
ウエットブラスト
オイル雑学
セールSale
バイク

未分類

フォロー中のブログ

【匠のデジタル工房・玄人専科】
Psychederhyt...
近藤岳志の建築設計日記

ライフログ