ACEA C3とC2の決定的な違い

 こんばんは。今日は雪になりました安来市です。寒いです・・・。3月に入って少し暖かくなったと思ったのですが。

福袋の発送は日々頑張っておりますが、まだまだ追いつきません。もうそろそろ堪忍袋の緒が切れかけているお客様もいらっしゃるかと思いますが、ここまで来るとお得とかプレゼントがどうのこうのとかいうレベルではなくなってしまってますね。本当に申し訳ないと言うしかありませんm(_ _)mここを乗り切ればまた通常の状態に戻るかと思いますのでどうかお付き合いください。これしか言えず申し訳ありません。しかし本当に後先考えずにやってしまったなと猛省しております。後悔ではなく反省です。

 さて、ACEA C2という規格はあまり馴染みが無いかと思いますが、プジョーやシトロエンのクリーンディーゼル車向けの規格(厳密にはアプルーバルが別途であり)です。ACEA C規格はガソリン、ディーゼル併用規格になりますがプジョーやシトロエンのお客様からC2に相当するオイルは無いの?というお問合せがございます。C3では駄目なのか?と言いますと駄目ではありません(支障はありません)が厳密には推奨していません。事実本国においてはあまり重要視されていないと耳にします。

ではC2とC3の決定的な違いは何か?と言いますと先ずは粘度がC2は0W-30という省燃費を意識した粘度になり、それゆえにHTHSV@150℃も2.9cP~となります。以前にも書きましたがHTHSV@150℃が高くなるほど燃費は悪くなる傾向ですのでC3の3.5cPに対してHTHSVは低めです。ですので燃費をあまり気にしなければC3でも良いということにはなります。

というのもリン分0.09%以下、硫黄分0.3%以下、灰分0.8%以下という面では共通しているからです。ですのでC3規格オイルをシトロエンのCD車に使用しても支障はありません。耐摩耗性はC3オイルのほうが上なのですから。まぁ純正指定のトタルさんに言わせるとそんなに大雑把なものではないと言われるでしょうけど・・・。確かにそれも大いに正論です。このあたりにもVIIポリマーの性能が大いに関係していると思われます。0W-30ですのでベースオイルにはPAOも使用されているでしょう。

 0W-30のCD用オイルをリリースしたらヒットするだろうとう声が以前から業界ではあります。もちろんお求め易くというおまけつきですけど。将来にはリリース出来ればいいなと思っていますが今のところ予定はありません。それどころじゃないという・・・(汗)

それでは次回の投稿まで・・・。日夜頑張っておりますのでどうぞ宜しくお願いいたします。    
[PR]
by narrowde | 2017-03-07 22:10 | オイル雑学


エンジンオイルや表面処理、モーター関連に関するコアな情報をお届けします^^v


by narrowde

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

最新情報ですよ(^0^)V

エンジンオイルやウエットブラストをはじめ当社の取り扱い商品が購入できるオンラインショップが遂にオープン!!貴方に最適なオイル選びとハイクオリティウエットブラストならぜひ当店へ!



オイル相談室
のフォームを設置しました。お気軽にご利用くださいませ。



当社に対するあらゆるお問い合わせは、お気軽にメールはこちら
までお問い合わせ下さい。




カテゴリ

全体
エフェクタールブ
ホームページ
オンラインショップ
Bクラスオイルコラム
エンジンオイル
Starkシリーズ
ウエットブラスト
オイル雑学
セールSale
バイク

未分類

フォロー中のブログ

【匠のデジタル工房・玄人専科】
Psychederhyt...
近藤岳志の建築設計日記

ライフログ