人気ブログランキング |

ACEA C3規格はVW504.00/507.00規格と互換か?

 こんばんは。なんと二日間もブログをさぼってしまいました^^;実はこのところブログを書く前にばたんきゅーの日々でして・・・(涙)申し訳ないです。でも昼間はしっかりお仕事しており、発送も日々はかどっております。



さて、近く販売予定のオイルの規格相関表ですが・・・え?販売かよ!と?嘘です(爆)無料配布ですのでご安心下さいww。ただし当店のお客様限定です。まぁそれもいつのことやらですが、近年圧倒的にシェアを伸ばしているのがVW、アウディのドイツ車勢、そうです、現在主流となりつつあつダウンサイジングターボエンジン搭載車です。代表的なのは1.4TSIやこれもドイツが主流のクリーンディーゼル。中でもVWアウディのアプルーバルである規格VW504.00/507.00のオイルはある意味特別なオイルとして、かなりの高額となっています。純正オイル(カストロール製でしょうか)はかのヤフオクでも40000円/20Lで実勢しております。うらやましす・・・。



多くの人はACEA C3でカバーされる(要するに互換)じゃないの?と思われるかと想像しますが、果たして真相はどうなんでしょう・・・。先ず最も大きな違いはVW504.00/507.00は5W-30のみであるという点です。じゃあ5W-30のACEA C3ならOKじゃんと?うーむ・・・ここが悩ましいとこでして、曖昧な観点からすると問題は無いレベルだと思いますが厳密にはNGなんです。すなわち大手を振ってどうぞどうぞ!とは言えないということです。ACEA C3の5W-30もけっこう高価なオイルではあるんですけどね。


 ACEA C3規格というのはガソリンディーゼル兼用規格でディーゼルとしてはDPF付きディーゼル(クリーンディーゼル)用の規格になります。低灰分、低リン、低硫黄を課したもので特に当然ながらDPFの目詰まりの原因となる灰分の規制が厳しくなっています。それに加えてACEA A3同様にxW-30でありながらHTHSVが3.5cP以上が担保されていますし、もちろんシール適合性もクリアされています。


話は戻りますが、VW504.00/507.00規格のオイルはMOTUL等のちゃんとしたメーカーでは分けられていますし、その他メジャーメーカーではC3と併記でアプルーバルを取得されている物があります。代表的なオイルはmobil 1のESPフォーミュラ5W-30という商品があります。


http://www.emg-lube.jp/mobil1/product/mobil1_ESPF5W-30.html



 この内容を見ただけでこのオイルの秀逸さがわかるというもの。凄まじいですね。詳細はパート2で他の商品も含めて掘り下げますのでご期待下さい。他社の宣伝してどないすんねん!て話ですけど(汗)


 じゃあ、VW504.00/507.00とACEA C3は具体的にどこが違うの?という核心に迫りますと、VW規格のほうがC3に比べて清浄性、耐摩耗性、酸化安定性において別の基準を設けているということが挙げられます。少し難しいのですが、清浄性を上げるということは清浄分散剤を多く配合するということになるのですが、灰分の量規制がC3では<0.8であるのに対しVWでは<1.5と多くなっています。清浄剤は主に金属系の素材を使った場合、灰分が高くなるのです。その分DPFの目も詰まりやすくなります。


 規格をVWのみに絞った場合は上記でよしとしましょう。ただそうなると前記のmobil1のESPフォーミュラの場合は矛盾が生じてきます。C3なので灰分は<0.8以下でなければならないのに、VWのアプルーバルはもとより、灰分の規制が<0.6以下であるJASO-DL-1まで取得しているのです。果たしてこれが何を意味するのか?あまり長く書くとわけがわからなくなるのでパート2で書くことにします。


なんだかBクラスオイルコラムみたいになりましたが、これはBクラスだと後半くらいの内容です^^;。とりあえず今日書きたかったのはACEA C3オイルでVW504.00/507.00のアプルーバルが無いオイルは厳密には使えないということです。尚、VW504.00/507.00とポルシェのC30規格はセットです。なぜならポルシェのC30規格のポルシェはVWエンジンだからです。それからこのVW504.00/507.00はそれ以前のVWの規格と互換します。またおおよそこれらの規格にはBMW LL-04もアプルーバルされる場合が多いです。ただ、BMW LL-04のみがあったりメルセデスの229.51,229.31等が単独でアプルーバルされている場合もありますのでややこしいですが、各アプルーバル取得には恐らく膨大な費用がかかると想像されますのでその絡みもあると思います。またすなわちその分がオイルの価格にも反映されることは言うまでもありません。このあたりの規格で選択を迷った場合はACEA C3のオイルを選択すればほぼ間違いないでしょう。プジョーやシトロエンも然りです。


私が言うのもおかしいですがちゃんとしたオイルメーカーは相応のことをしっかりやっているということです。まぁメジャークラスはメーカー自体が自動車メーカーから依頼されてオイルを開発するのですからその存在自体が規格そのものと言ってもよいでしょう。mobil1などはその最たるものです。泣く子も黙るmobil1なのです。



 これらのおクルマに乗らない方には全く関係の無い話ですし、知っていなくても全く困らない内容ですので軽くスルーして下さい。ただ色んな車種が入庫するような整備工場のメカニックやフロントマンの方は知っておいたほうが良いでしょう。


尚、VW504.00/507.00規格取得オイルで比較的安価なのは意外にもMOTULのSPECIFIC 504.00-507.00です。100%化学合成とありますが基油は恐らくグループⅢ=VHVIです。ほとんどのメーカーがグループⅢ(VHVI)だと思います。


 このあたりのことはその他のメーカーの商品も含めてパート2にて掘り下げます。Bクラスも早く書かないといけませんね(滝汗)それでは明日は爆休とさせていただきますm(_ _)mHPでは何か起こるかもしれませんので常にチェックを宜しくお願いいたします^^;ではでは!


おまけ・・・ちょっと素敵だなぁと思ったクルマ^^;なんとアメ車!!
e0108888_23145844.jpg

e0108888_23161056.jpg

 
by narrowde | 2015-09-05 23:16 | オイル雑学


エンジンオイルや表面処理、モーター関連に関するコアな情報をお届けします^^v


by narrowde

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

最新情報ですよ(^0^)V

エンジンオイルやウエットブラストをはじめ当社の取り扱い商品が購入できるオンラインショップが遂にオープン!!貴方に最適なオイル選びとハイクオリティウエットブラストならぜひ当店へ!



オイル相談室
のフォームを設置しました。お気軽にご利用くださいませ。



当社に対するあらゆるお問い合わせは、お気軽にメールはこちら
までお問い合わせ下さい。




カテゴリ

全体
エフェクタールブ
ホームページ
オンラインショップ
Bクラスオイルコラム
エンジンオイル
Starkシリーズ
ウエットブラスト
オイル雑学
セールSale
バイク

未分類

フォロー中のブログ

【匠のデジタル工房・玄人専科】
Psychederhyt...
近藤岳志の建築設計日記

ライフログ