ダウンサイジングターボエンジン用規格SN-PLUS

 お疲れ様です。昨日はお見舞いの記事を書きましたが出来ることなんてないよなぁと思いつつ・・・。いざとなると非力ですね。人間は。でも日本の地震は活発化しているようですのでいつどこで発生してもおかしくありません。食料の備蓄等も心がけておかなくてはいけませんね。いつも書きますがアウトランダーPHEVなんかも心強いかもしれません。ミニバンなんかに乗られている人は常時非常用グッズ等を載せておくと安心ですね。私も真剣に考えようと思います。ここでも考察してみましょうか。

以前にも少し書いたことがあるんですが、今後やりたいことの一つに自動車の安全対策というのがあるんですよ。まぁ早い話がロールケージです。僕はあらゆる車にロールケージを推奨したいのです。そのお手本となるのがやはりラリーカーではないでしょうか。あのF-1のハロなんかも応用したら面白いと思います。命を守るためならなんだってやらなきゃ。恰好なんて二の次で良いのです。どうせそんなにかっこいい車なんてないし(苦笑)

さて、オイルに詳しい皆さんは新しい規格のオイルが出たの知ってますよね。SN-PLUSっていうのですが、これ実はいま主流となってきているダウンサイジングターボエンジン搭載車両向けの規格なんです。低回転で高負荷がかかるダウンサイジングターボエンジンではプラグ以外の自己着火によるプレイグニッションが宿命的に発生するのですがご存知のようにプレイグニッションが頻発するとエンジン内の特にピストンに大きなダメージが発生します。省燃費だ高出力だなんだと言ってもエンジンがダメージを受けるようでは本末転倒です。そしてなんと、そのプレイグニッションにエンジンオイルの自己着火が一部関係しているということもわかったんですよ。これはトヨタが発見したそうです。それによるとカルシウム系の清浄剤が関係しているようでして、それでもこれはそもそも必須の添加剤でもあるわけでなんだかおもしろそうですね!!

で、業界ではすったもんだあるみたいですが、中国興業さんが先駆けてリリースされたようです。もちろん他社もこれに続いてどんどん出してくるものと思われます。

じゃあこれまでのオイルでは駄目なのか?と言いますと恐らくはあまりよろしくない状況と思われます。ちなみにうちのLiseとかなら問題ないかと思います。TRILL-Sは秀逸ですから。そしてそういった状況もあってかACEAも変わるみたいです。これまでのようにA/Bとかの兼用ではなく専用になります。そしていよいよ欧州も0W-20になるようです。欧州はクリーンディーゼルが衰退していくのでオイル的にはどうなっていくのかなぁという感じですね。

このあたりのことはもちろん私も以前から考えていてもういつでもリリース出来る状態です。途中で値上がり等があって二の足を踏んでいたのですがまもなくです!!くだんの0W-30のおはなしですよ。

ダウンサイジングターボっていろんな面で素晴らしいと思うのですが、やはりどこかで無理があるんだなぁと思いました。でもそれをオイルで解決出来るなら素晴らしいじゃないですか!!次回は久々に100%化学合成云々について少し語らせていただきますわ。ではでは。
[PR]
# by narrowde | 2018-06-19 18:21 | オイル雑学

大阪及び周辺地域で被災されたお客様へ

 こんにちは。昨日は関東で今朝は大阪を中心とした大きな地震が発生して被害状況が明らかになってきていますがお住いの地域は大丈夫でしょうか・・・。何か出来ることがありましたらお申し付けください。まだ引き続き予断をゆるさない状況だと思いますのでどうかくれぐれもお気を付けください。取り急ぎではありますが体が無事であればあとはなんとでもなります。ご無事を心よりお祈りしております。おひとりおひとりに連絡出来ず申し訳ありません。
[PR]
# by narrowde | 2018-06-18 12:45

G社オイル大商談会を開催します!!!@ブログセール!!

 こんばんは!!梅雨入りしたせいか暑さが和らいで過ごしやすいですね。太平洋側は台風の影響も出ているようでどうかご注意ください。

私が得るすべての情報はほぼほぼヤフートピックスなのですが最近また特に虐待死とか多くなっていますね。ケースとしては再婚した連れ子が気に入らず虐待するケースが多いような気がします。この時代に満足に食事も与えられないうえに暴力まで受けて挙句の果てに死ぬなんて・・・。無責任かもしれないけどそんなことするくらいなら俺んとこに連れてきてくれと言いたい。少なくとも人並みの愛情は注げる自信がある。たとえ他人の子でもだ!!俺が面倒みる!!恐らくそういう子供が3万人くらいはいると思われるんですよ。今のこの世の中に。酷いなあ・・・。子は親を選べないけど、どんなにひどい親でも子供は親しか頼れないのだから不運としか言いようがない。<br><br>
さて!こんな悪態をついたあとに久々のセールの告知という(汗)Gの担当さんには申し訳ないのですがこんな書き出しですみません。先日も告知しましたが6月からGのAをはじめとするG社の商品が値上げとなりました。他の販売店さんは十二分に利益を得ているので何ら問題ないのですが、うちの場合はそれら販売店さんが仕入れるよりも安い価格で皆さんにお届けしているのでモロに影響を受けるわけですが、今回企業名やショップ名宛てという条件付きで直送OKとの回答を得ましたので早速大商談会を実施することにしました。恐らくはGのAより下位のオイルには皆さんご興味が無いと想像しますのでGのAを筆頭にその他のハイエンドモデルが引き合いの中心となると思いますがもし狙っている商品がありましたらご相談ください。ヤマダ電機ではないですが他店徹底対抗価格でやらせていただきます。

ただ送り先が個人名の場合は従来通り送料がかかりますのでご了承ください。勤務先等でのお受け取りが可能な方はぜひそうされることをお勧めします。まぁ送料を払っても他よりは圧倒的にお求めやすいです。そして何より今回の特徴は既製品であることとメーカー直送なのでうちの商品のようにお時間がかかりません(汗)

商談会の期間は今夜より1週間後の17日(日)の深夜頃までといたします。ホームページには掲載しませんのでinfo@narrowde.comまでご希望の品名をお知らせください。お見積りいたします。ショップ様も大歓迎!!また200Lドラムでの特注荷姿なんてのもお受けできますので何なりとお申し付けください。G社のドラム缶は水色でかわいいと女性からも好評です。

おいおい!お前んとこの商品はセールしないのか?と怒られそうですがいよいよassenをレギュラー化させた進化版をリリースします。またそれに使用される全く新しいエフェクターも同時リリースしますのでご期待ください。それからヤフオクの商品を増やします。主に新規のお客様に向けたものにします。ホームページのほうにも日々新規の方からオーダーを頂くのですが誠に恐れながらお受けできません。いえいえ、新規だからダメという意味ではなくて以前にも少し書きましたがホームページは本当に信頼関係を気付ける方々とのみ繋がれる特別な場所にしたいと考えているのです。なのでさらに縮小傾向にしようと考えております。20Lしか入らない容器に200L入れようとしているのが今の当店の状況です。オーバーフロー状態なのです。これを200Lの容器にするには人員を増やすしかありませんが私にはその気がゼロなのです。やれる分だけということです。もう半年近くもセールしていませんしね。このセール好きが^^;。

それによって今後は少しお取引方法をビジネスライクにしたいと思います。「お金はいつ入金すれば良いの?」というお声も多いのでそのあたりもきちんと取り決めてやりたいと思っています。いろいろとご不便をおかけしますがお互いに取引しやすくしますのでどうぞよろしくお願いいたします。それではG社のご商談お待ちしております。
[PR]
# by narrowde | 2018-06-10 23:06 | セールSale

近況のご報告

 こんばんは!!6月に入って初めての投稿になります。さぼっているわけじゃないんです。もちろん最優先は発送なのですが、夜はオイルの勉強に精を出しております。こればかりは終わりがありません。日進月歩という言葉がありますがまさにその通りで常に勉強していないと技術についていけないのです。もちろん情報収集にも余念がありません。ただそれでもそれでもやはり最終的には個々なんですよねオイルって。ただマクロの技術がなければ個々にも対応出来ないわけで、またさらには独自の技術も磨かねばなりません。それには他と同じことをやっていては駄目なんです。私の場合は開発から営業(販売)から事務作業までぜーんぶ一人なので本当に大変なんですよ(汗)まぁでも楽しんでやらせていただいてます。いやぁでも本当に奥が深いんです。登山でいうなら僕なんて未だ1合目くらいなんじゃないかなぁ・・・。エンジンオイルなんて衰退していってるんじゃないの?と思われる方が多いかと思いますがいえいえ日々進化していますよ。凄い世界ですわ。本当に。その片隅にでも置いて頂けているのであればもう本望です。

さて、私の目下の唯一の楽しみであるMOTO-GPでは大きな動きがありましたね。先ずはロレンソがドカティ移籍後初優勝を飾ったかと思えばそのタイミングで来季からホンダへの移籍が決定しました。そして大ベテランのダニペドロサ選手が今季限りでホンダを去ることに。マルケスとロレンソってどうなんでしょうね。まぁロッシと組むよりははるかに良いでしょうけど。そしてそのマルケスはなんとレッドブルリンクで初のF-1をドライブしたようです!!しかもそれがやはり素晴らしかったもようでして・・・。動画で観てみたいなぁ・・・。ちなみにマルケスはモトクロスも超一級です。

ロレンソといいスズキのイアンノーネといい、放出されるのが決まってから好成績を挙げていますね。なんだかなぁ・・・チームとしては「しまった!」と思っているんじゃないでしょうか。ちなみにロレンソはこれまでしきりにタンクの形状のせいで上手く走れないと訴え続けていたそうで、今回はそれが解消されたことで水を得た魚の如く優勝したわけですが、色々と言われてきましたけどやはり実力はあるんだなぁと感心しました。コンマ3秒を短縮するためのタンクの形状かぁ・・・。凄いレベルの世界ですね。ロッシも優勝こそないもののランキングでは2位ですしそれでも「パワーが足りない」なんて言ってるわけですからね。恐れ入ります。

これを自分の仕事に置き換えた場合にこれほどハイレベルな仕事が出来ているだろうかと自問自答してしまいます。もし仮にロッシにオイルのここをこうして欲しいと要求された場合にそのレベルで応えることが出来るだろうかとか・・・。常にそんなことばかり思っている筆者であります。

いえいえ、相手が誰であろうともそれに応えるのが餅屋像であります。その為の勉強です。常にそればかりやっている人には勝てない。これが私の考える餅は餅屋の理論です。ただそんな中にあって現在新規のお客様をお受け出来ていないことは本当に申し訳ないの一言です。なんとかせねばならんのですが・・・。

それからクロネコヤマトですが・・・。もうたぶん大丈夫なのではないかと・・・。雰囲気的に。最近はうちの工場の駐車場が中継基地代わりにもなっていますし(笑)かなり良い雰囲気なのであります。まぁそれでも値上がりした際はご了承ください。もちろん現在お受けしている分は全く問題ありませんのでご安心ください。

次回はまたオイル屋さんらしい話題をと思っております。新商品とアウトレットのお知らせなんかもやります。それでは今日はこの辺で失礼いたします。
[PR]
# by narrowde | 2018-06-08 01:10

Gのユーザー様に朗報です!!

 こんばんは!私的には最高の季節になりました。やはり寒い時期とはパフォーマンスが違います。我が事務所には幅広のデスクと簡易の椅子が設置されて事務作業も普通に出来るようになりました。まぁゆっくりとオフィス家具を選んでいる暇もないといえばそれまでですが実は計画がありまして。今回の事務室は事務室兼プライベートスタジオ兼キッズルームに仕立てようとしているのですww。せっかくだからやっりたいこと全部やってやろうという考えです。つまりは余生の為の部屋です。「男の隠れ家」的な要素です。

さて、そんなことはどうでもよくて、6月からG社製品が値上がりするということでこの交渉をしない僕が兼ねてから交渉というか要望していた案件があったのですがそれがこの度条件付きで了承されることになりましたのでご報告です。

そもそも既製品のオイルの場合、私がずっと気になっていたのがメーカーから当社への送料が無駄だなぁと・・・。これを直送してくれたら送料分が安く出来るのになぁとずーーーーっと思っていて、訴えていたんです。「直送して!直送して!直送してー!」とくどいくらいお願いしていたらこの度前向きなお返事を頂けたというわけです。

ただ、契約上個人宅への発送は出来ないそうで、社名や店名のある場所(多くは勤務先等になると思われます)に限られます。この問題がクリア出来るお客様が対象となります。G社特にGのAファンの皆様どうでしょうか・・・この送料無料案は大きいですよ!!いや~しかしどこまでコストダウンに執着しよるねん!!と思いますが無駄なものは無駄なのです。ただもちろん当店で手を加える物は対象外です。

あ、それからこれはもちろん当店のみで通用する案件ですが、先日手を上げていただいた4名の販売代理店の方にも該当出来るようにお願いしております。売る側にとってもこれはとても大きなプラス材料です。初めてオイルを売る方は送料の壁にぶち当たりますからね。ここをクリア出来れば幸いです。

 しかし物を売るというのは難しいですね。それなのに私は現在新規のお客様を受け付けていないという暴挙に出ています(涙)何度も言いますがこれは暴挙ではなく苦渋の決断なのであります。受けないではなくて受けれないのです。それでもホームページには毎日新規のお客様からのご注文が入り続けます。わからないだろうという事なのでしょうけど、このショボいホームページでも新規のお客様は判別可能なのです。それから悪質な注文者の判別も可能になっております。これが割と少なくないんですわ(涙)でもほとんどのお客様は本当に素晴らしいお客様ばかりです。心より感謝いたしておりますm(_ _)m

オープニングセールはやらないの?というお声も多いのですがやりたいっすね~!このお祭り好きの僕が年始セール以来沈黙を続けています。というかセールしなくてもいいくらいオーダー頂いているのでセールの必要がないという状況です。ただ、そろそろ新商品出します。こんな状況下でも日々オイルのことばかり考えております。楽しみにしていてください。最近出す出す詐欺みたいになってきてますのでね^^;。

最後に話は変わるのですが一昨日でしたか、なんだか奇妙な報道を耳にしたんですよ。なんでも小学生が運転する自転車が21歳の女性に接触して、その小学生は「ごめんなさい」と泣きながら謝罪してその場を立ち去ったというのですが、なんとこれを現地はもちろん全国放送でまるでひき逃げ犯のごとく捜索しているんですよ。これね、本人がこの報道や現地の捜索の看板を見て思い詰めて自殺でもしたらどうするつもりなんでしょうね・・・。まだ小学生ですよ!!どこまで腐りきっとるんじゃ!今の世の中は!!特に報道関係は酷い(みにくいと読む)ね!なんだか追い詰めるようなことばかりやって公開いじめみたいで気に入らないなぁ。変な世の中になったもんですねぇ。まぁそれを喜ぶ大衆も大衆だが。なんとかならんもんかね。子供までターゲットにしちゃいかんよ。

僕も歳なのかなぁ・・・。あの日大の記者会見に乱入した御婆さんの気持ちがわかるんですよ。おっと、つい熱くなってすみません。少なくとも僕もあの老婆タイプの人間ですわww。間違いないと思う。我慢ならん。それでは今日はこの辺で!!
[PR]
# by narrowde | 2018-05-29 01:01

GのA0W-30を読み解いてみる

 こんばんは!実はゴールデンウイークからこっちにかけて家族の体調が優れず一昨日は明け方に我が子を救急外来に連れていく状況にまでなってしまいました(汗)相方も連日の点滴状態でとてもブログをかける状況ではなく・・・。なんていうんですかね。家庭を持つというのは大変なことなんだなと改めて感じる今日この頃です。そんな私の健康法はとにかくよく食べることと6時間以上眠ること。なかなか連続して6時間眠ることはスケジュール的に困難なのですが途切れ途切れにでも合計でこのくらいは寝るように心がけています。実はこれ人間の最低条件でもあります。食べることと眠ること。これを怠っては健康でいられるはずがないのです。太っているからダイエットとか聞きますが太っているうちが花です。人間痩せてきたらもうアウトですよ。食べれるうちが花です。食べれなくなったら人生終了です。ドンドン食べましょう!!どうせ死ぬなら思いっきり食べて死にましょうよ。本当に食べてはいけないのは腎不全くらいです。これはさすがにまずいです。塩分やカリウム(生野菜)は控えなくてはなりません。だったら湯で野菜にすれば良いのです。

説教ぽくなってすみません。家族にも同じことを言ってます^^;。僕は食べない人嫌いなんです。さて、今日のお題は少し楽しみにしていた人も多いかと想像しますが、先ずその前に私がなぜ既製品ではGのAだけを販売しているのか?という理由を述べますと、オイルを作れる私からみても対費用効果に優れるオイルであるということが第一。そしてそれを上回るのが人間関係、ここでは取引関係とでもいうのでしょうか。BtoBの信頼関係が良好であるということが最大の理由です。そして皆さんがGのAを選ぶ理由としてはやはり結果が出ているということが一番ではないかと思います。四の五の言うよりやはり結果がすべてです。難しい理論など不要です。

もちろん全粘度において優れたGのAですが、実はこのオイル、メーカーさんの並々ならぬ情熱が注ぎ込まれたヒストリーがあるからこそ私も取り扱っています。その中でも当店においては0W-30の引き合いが多いのですが、メーカーさんの蘊蓄と代表性状から少し紐解いてみようと思います。

まずこの粘度を選択する人が最も注目するのが100℃での動粘度と規格の関係ではないでしょうか。前回の記事の続きにもなるのですが0W-30でありながらもACEA A3をパスする性能を得ているということ。これはすなわちHTHSV@150℃において3.5cP以上が担保されているということになります。通常この粘度でクリアするには100℃での動粘度が限りなく12.5cStに近くなるのですがこのオイルではなんと10.40cSt@100℃となっております。これはPAO&エステルの成せる業と言いましょうか。ただ一つ気になるのは超高粘度指数PAOによる高粘度指数とあるのですがPAOの粘度指数はそんなに高くないのでここは恐らく他に類をみない粘度指数向上剤によるものだと推測します。それが故に40℃での動粘度が低い割に流動点が高めです。このあたりは性状を読めば見えてくることです。

それに加えてこれほどのフォーミュレーションでありながらも有機モリブデンを特筆するほど配合しているということはどれほど結果を出したかったか・・・という作り手の執念のようなものが垣間見えます。使い手が最初に感じるフィールの良さはこの有機モリブデンの恩恵といっても過言ではないと想像するのです。またACEA A3にはB4も付随しますのでクリーンディーゼル以外のディーゼルにも使用出来ます。

以上、取り立てて難しいことは書いていないのですがこれを支持される皆さんも概ね同じ思考なのではないでしょうか?うんうん!そうそう!とうなずいておられる姿が想像できますww。私が言うのも変ですが良いオイルです。私は自分が良いと思えるものしか扱いませんので。もちろん価格もです。

そんなGのAも値上げということで少々落胆していたのですが、実は以前から要望していた事案が実現しそうでしてGのAのみならずG社ファンの方々に朗報です!!とここで書くと面白くないので次回にします^^;。あ、そうそう。先日G社の販売店として手を上げていただいた4人の方々も着実に進行しておられるという風の便りを耳にしております。一緒に頑張りましょうね!!それでは皆さんどうかくれぐれもお体ご自愛くださいませ。
[PR]
# by narrowde | 2018-05-25 00:34 | オイル雑学

多走行車の粘度を上げる場合に検討してみて欲しいこと

 こんばんは。大雨と同時に一気に寒くなりましたが明日からはまた暑くなるようです。皆さん急激な温度変化に体調を崩されていませんか?どうかくれぐれもご自愛ください。先ずは厚着から開始して暑ければ脱げば良いのです。逆はダメです。薄着で寒気を感じたらすでにアウトです。少しでも悪寒を感じたら先手必勝の風邪薬服用を推奨します。僕も今回やばいなと思うシーンが一度ありましたがこれで乗り切りました。まぁこれも人それぞれでしょうけど。

今日は久々に目の保養になる車に遭遇しました。それはシボレーコルベット現行型のZ-51です。昔は僕も仕事柄アイアンやC-4と乗り継ぎましたがいつのまにかすっかりアメ車と疎遠になり。コルベットもすっかりスーパーカーみたいに変貌を遂げたんですねぇ!思わずワオ!と声を上げてしまいました。しかも助手席にはレカロのチャイルドシート装着!!粋だなぁ!と再び感動。どんな人が乗ってるのか見てみたかったです^^;。ただやっぱりイタリアのスーパーカーと違ってどこかしこにアメリカらしい大らかさも垣間見えるところがやはりアメ車だなぁと思いました。でもかっこよかったぁ!欲しいと思えましたww。

さて、現在恐れながら新規のお客様をお受け出来ていないのですが、表題のようなお問い合わせがありましたので少し掘り下げますね。165000km乗ったお車は純正指定が5W-30なのですがエンジンのためを思って5W-40に粘度を上げたらかなりフリクションを感じたのだが間違っているのか?というもの。いえいえ、決して間違っていなくて正解だと思います。ただいつも思うのは皆さん5W-30とか5W-40という大まかな粘度のことしか言われないのですが、動粘度でオイルを選択すればかなりこのような事象が解決出来るはずなのです。

ちなみにxW-30の100℃での動粘度の幅は9.3cSt~12.5cStまでで、xW-40の100℃での動粘度は12.5cSt~16.3cStなのですが、仮に今お使いの5W-30のオイルの動粘度が限りなく9.3cStに近く、粘度アップのために選んだ5W-40が限りなく16.3cStに近いものだったとすると(あまりあり得ないが)その動粘度の差はなんと7cStにもなる。それでもラベルに表示される粘度は紛れもなく5W-30と5W-40なのである。

極端な例ではあるがここまでの動粘度の差があるとフリクションは増大するのは当たり前で仮にもっと動粘度の差が少なくても間違いなくフリクションは増大する。なので予備知識として上記の動粘度の知識があれば動粘度の差異を考慮しながらオイルの選択が可能になるのである。また動粘度の予備知識があれば仮に差異の大きな粘度のオイルを選んだとしてもブレンドによって動粘度を調整することも可能になる。

例えば5W-30と5W-40をブレンドしたり5W-40と0W-20をブレンドしたりしても動粘度を調整出来るし、もう一歩踏み込めば当店のエフェクターであればVA-ZERO等を用いて動粘度を調整すれば尚よい。

もう一歩踏み込むならばHTHS粘度も考慮したい。ちなみに30のオイルのHTHS粘度は2.9cPが担保されるし40のオイルでは3.5cP以上が担保される。仮に鉱物油ベース(ここではGr2や一部Gr3)の5W-40の場合限りなく12.5cStに近い動粘度の5W-40を選んでやれば粘度を上げたとしてもそれほどフリクションの増大を感じることはない。さらに踏み込めばエステル等のFMが配合されたオイルであれば仮に動粘度に差異があったとしてもフィーリングはまた違ってくる。またさらには規格で選ぶならばACEA A3やC3のxW-30を選んでやれば5W-40でなくともHTHSV3.5cP以上が担保されるので5W-30のままでも構わない。

話が元に戻って純正指定が5W-30であれば走行距離に関わらず5W-30を使用しても何ら問題はないが走行距離が増えるにしたがって確実に摩耗は増大する。ただ5W-40に粘度アップしても高レベルなFM剤を配合しても摩耗がゼロになることはなく、摩耗を確実に低減させることが出来るということであることをご理解いただきたい。ただ自動車メーカーとオイルメーカーは日夜いかに車両のライフを伸ばすかという課題に取り組んでいて、工業製品だから経年劣化は必ず訪れるもののいかに劣化を遅れさせるかということに注力している。この努力というのは本当に最先端のトライボロジー技術によって確実に更新されているのです。

次回は以上の事柄を踏まえつつ前回のGのAのセールで一番人気であった0W-30をわかる範囲で解説してみようと思います。それでは今日はこの辺で失礼します。文面にミステイクがあったらご容赦ください。校正は一切しませんww。
[PR]
# by narrowde | 2018-05-21 00:53 | オイル雑学

素材系の上手な使い方

 こんばんは。このところ更新がとぎれとぎれで申し訳ありません。我が家は私以外GW前くらいからずーーっと風邪引いていますが皆さんは大丈夫ですか??今回の風邪は長引くのが特徴なのかなぁ・・・。私なんかは風邪をひいている暇もありませんわww。裏返すと余裕が無いということでもあります(汗)

先日家族で買い出しに出かけた際に、あまりにも眠かったので自分だけ車で寝とくわということでシートを倒して仮眠をとったのですが危うくエコノミークラス症候群になるとこでした。仮の車ということもあるのですが、これをきっかけに急激に興味を持ち始めたのが車中泊が出来る車。実はうちのお客様の中には車中泊のキットを作って販売しておられる方から車中泊の達人的な方もたくさんおられてご教示を得たいくらいですが、そのベース車選びというのが奥が深くて楽しそうです。ちなみに私たちは普段家で寝る際に足を伸ばして寝ていますが、この当たり前のことがすごく大切なんですよね。またいくらフルフラットとうたわれていても実際には凸凹があるものがほとんどでかなりの対策が必要になってくるわけです。またフルフラットであった場合、肝心の足回りが犠牲になったりして走行時の乗り心地が悪ければ本末転倒です。というわけで普段使いにも出来て泊まれる車というのはなかなか無いようです。ただここへきてちょっとした冒険心みたいなのが芽生えたのは事実で、これもやはり子供が出来た影響かなと思います。いきあたりばったりでお気楽にどこかに行けたらいいなぁなんて思うのであります。

さて、ホームページではあのFRM-04(プラムクレイジー)やFRB-03等の超特殊なFMもいよいよラインナップとなっておりますが、ちなみにこの末尾の数字って実は配合割合を示しているのをご存知でしょうか。04なら0.4%、03なら0.3%です。とても少ない配合で効果があるので価格的にもお高いです。ちなみにこの配合割合ってどうやって決めているの?と思われると想像しますが、例えばMoDTCなんかはメーカーさんからエビデンスや公開資料が出るのですがその他の物はそんなものありません。要するに「独自でどうぞ」的なものである以前に簡単に入手できるものでもありませんので使い手に知識と技術が要求される素材です。当然ながら「何にどう使うの?」的な初歩のやり取り(当然ながら先方から質問されるのです)にはじまって使用結果まで報告しなければならないケースも多いのです。先方さんからこれはこのように使いなさいなんてことはほぼほぼ教えてくれません。また使用用途が本来の用途ではないものもうちの場合は多いです(エフェクターの原料等)

 なので、こういった素材を仕入れるのは正直最大の冒険でありリスクでもあるのですが、配合割合というのはもちろん独自で割り出した数値です。そのうえで特に効果のあるものと使いやすいものだけを出品しております。実は出品しているものはほんの一部なんですよ。

で、我々はどうやって研究しているかというと先ずは純粋に単品で試験するんです。いきなり色々混ぜたりはしないんです。そしてそれをもとに次はブレンドしたらどうなるのかというところを探っていきます。もちろん相乗効果が得られる場合もあればネガティブな結果になることも多々あります。そういう経緯も踏まえて現在リリースしている商品の配合割合はかなり緻密に割り出していますので概ねそのとおりに配合していただければ効果が得られます。多ければよいというものでもありませんので高価なものですし効率的にご使用頂いて楽しんでいただけますと理想的です。
 これも何度も書きますがこれらは本来販売しなくてもよいものばかりです。出来れば内内でしまっておきたい素材群です。それがこんな少量でも購入出来るのは本当に稀な展開であり、実は巨大企業からの引き合いも多数いただいております。またそれらの企業様からの最終商品開発依頼も頂いており当然ながら結果も出しております。もちろんそれらは自動車産業以外の分野からのものもあります。そういうこともやりながら日々の作業もこなしながら実にいろいろな楽しいことをやっておりますので時間がいくらあっても足りないのです。

話は変わりますがJSB1000のオートポリス戦でなんと中須賀さんが9位という結果となったようです。なんとカワサキがワンツーフィニッシュでその原因がタイヤの選択によるものだったとのことで予選でもぶっちぎりの速さを見せつけた地元でのレースを落としてしまった中須賀さんですがいつもの上位陣がこぞってレインタイヤをチョイスしていたことからもよほど難しい天候であったのだと思います。まぁレインとスリックではこれほどのレベルになると全くお話にならないのは当然ですが、MOTO-GPなんかになるとドライのスリックでも最終的にはタイヤの使い方の上手いライダーが勝利するわけで、じゃあ下位のライダーは使い方が下手なのかというとあくまでもMOTO-GPのレベルでの話ですので当然ながら皆さん上手なのですがその中でも卓越して上手い人がいるということなのでしょうね。これはF-1でも同じでどちらもオイルのことは言わないのですがタイヤというのは最も重要といっても過言ではない要素なのです。

長々グダグダとすみませんでした。というわけでタイヤも消耗品ですがご自分に合ったタイヤをチョイスしてくださいね。それではまたです。
[PR]
# by narrowde | 2018-05-16 01:10 | オンラインショップ

GのA0W-30納期遅延のお詫びです

 お久しぶりです。というか前回の記事を昨日書いたような気分なんですけど・・・。つまりはそれくらい時間が経つのが早いんです。時間が足りません。人手が足りてないんじゃないのか?という声も多かろうと想像するのですが、わかりやすく端的に言いますと人が一人増えると現在の販売価格は1.5倍に跳ね上がるということになります。要するに人件費が上乗せされるということです。私にとっては実につまらないコストですし品質を低下させかねない要因です。では多くの企業はどうしてそれが可能なのか?ズバリ儲けているからですよ。わかりきったことです。1+1=2のレベルです。子供でもわかることです。

 納期の面ではどうしてもご迷惑をおかけしてしまっております。新規のお客様には怒られます。なんで売らないのだと・・・。いえ、売らないのではなく売れないのです。作れないんですわ。もういっぱいいっぱいなんです。納期というフレーズにノイローゼ気味でもあります。大好きなオイルを嫌いになりたくないのです。ただヤフオクという門はどなた様にも開いておりますのでどうかそちらをご利用くださいm(_ _)m

さて!GのAの0W-30がメーカー欠品となってしまいました。今回のセールでのGのAでは最も多かったのが0W-30です。申し訳ありませんが今月の24~25日頃の入荷発送となりますことをご了承ください。その他の粘度は入荷次第発送いたします。まもなくです。どのメーカーさんも駆け込み需要で大変そうですね。

例えばGの他のオイルも売らないの?というリクエストもあって都度世界最安でお応えしているのですが僕にとっては正直もう他社様のオイルには関心がないのです。だって僕は自社でオイルを作れるのですから。というわけで他社様のオイルは今後は先日手を上げていただいた方々にお願いするスタンスです。

それからNarrowdeの代理店はもう募集しないの?というお声も頂くのですが、僕は自分の商売は自分だけで完結すると決めましたので今後も一切他人を巻き込むことはありませんしこの会社も僕の代で終わらせます。あと何年出来るかわかりませんが大いに楽しみたいと思っています。まぁ死ぬ直前まで現役で頑張る覚悟です。子供もまだ小さいですしね。少なくとも負の遺産だけは家族に残さないようにしなければ(苦笑)

世界情勢としてイランとイスラエルが衝突寸前で原油がさらに高騰するかもしれません。そうなるとまた鉱物油系もかなり上がってくるのかなと想像します。消費税も上がりますしね。なんだか増々やりづらくなってきますね。ただどんな状況になろうとも僕はコストと戦い続けますし品質の向上に努めます。これが僕のモチベーションを維持する原動力なのですから。

クロネコヤマトはフェードアウトかな・・・。出来ればこのまま。触らぬ神にたたりなしってやつで!!やっぱ他の運送会社ではねぇ・・・。話になりませんわ。

MOTO-GPではマルケス、JSBでは中須賀さん、このお二人がダントツの強さですね。どんなレベルなんだろう・・・って感じですが、マルケスと同じマシンを与えられたはずのクラッチローがマルケスに与えられたカーボンスイングアームが与えられなかったことを暗にぼやいていました。えげつない世界ですね。でも彼らが言っているのはほんのコンマ何秒のことを言っているのであって1秒のことを言っているのではないところが最高峰レベルなのだということ。陸上競技でいうと100m走と同じです。いやぁ面白い!!

それでは今日はこの辺で失礼します。
[PR]
# by narrowde | 2018-05-13 01:22 | オンラインショップ

先ほど開店いたしましたm(_ _)m

こんばんは。遅くなりました。今しがた出品作業を終えて開店いたしました。よろしければご検討くださいませm(_ _)m
[PR]
# by narrowde | 2018-05-04 03:27 | オンラインショップ


エンジンオイルや表面処理、モーター関連に関するコアな情報をお届けします^^v


by narrowde

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

最新情報ですよ(^0^)V

エンジンオイルやウエットブラストをはじめ当社の取り扱い商品が購入できるオンラインショップが遂にオープン!!貴方に最適なオイル選びとハイクオリティウエットブラストならぜひ当店へ!



オイル相談室
のフォームを設置しました。お気軽にご利用くださいませ。



当社に対するあらゆるお問い合わせは、お気軽にメールはこちら
までお問い合わせ下さい。




カテゴリ

全体
エフェクタールブ
ホームページ
オンラインショップ
Bクラスオイルコラム
エンジンオイル
Starkシリーズ
ウエットブラスト
オイル雑学
セールSale
バイク

未分類

フォロー中のブログ

【匠のデジタル工房・玄人専科】
Psychederhyt...
近藤岳志の建築設計日記

ライフログ