人気ブログランキング |

今後のリリース予定商品について

 こんばんは!あっという間に3月も終わりですか・・・。今日は保育園の今年度最終日で、僕は自治会と保育園の役員もしていたので来年度は少し肩の荷が軽くなりますわ。感染症に関してはこちらは未だ感染者が発表されていないものの、スーパーでは買いだめする人の列が出来ているし、保育園の行事なんかも軒並み中止で緊張感は高まっている雰囲気です。今日は悲しい訃報も届きましたが、ふと我に返って世界を俯瞰してみると歴史に残る一大事が起こっているのだなと実感します。もちろん僕も安心できる年齢ではないので細心の注意を心掛けて日々の仕事に没頭します。皆様もどうかくれぐれもご自愛ください。僕はひとりで仕事をしているので仕事中は世の中のことは完全に忘れているのですが余計な雑音が入ってこないというこの環境は精神衛生的には良いのではないかと思っています。

また僕の仕事に対する影響はいまのところ、エコ容器をはじめとする容器関係が品薄のようです。アルコールの絡みだと思いますが・・・。ただ在庫は十分確保しておりますので大丈夫です。また超絶素材系は主に海外からの輸入物ですので、この後は入荷の目途が立たないとのことで素材展はいったん中止としました。もちろん販売した分の在庫は既に入荷しておりますのでご安心ください。それ以外は特に影響を受けておりません。オーダーも日々頂いており感謝の言葉がありませんm(_ _)m

この状況下で新ブランドほんとうにやるの?というお声も頂くのですが、先述のように影響を受けておりませんので鋭意進行します。仮に影響を受けても後退はしません。前進あるのみです。「勝算はあるのか?」とも聞かれますが、勝算も何も現在やっていることの延長なので特に気負ってはいません。もちろん参加される方にとってもネガティブな要素は何一つなく、むしろワクワクすることのほうが多いのではないかと想像します。

さて、今日は今後リリースされる商品について少し告知します。先ず素材ですがギアオイル向けのエステルベースが間もなく入荷します。これは基油ですがギアオイルの為にあるような基油です。それからプロトタイプとしましてC3-VM0をリリースします。そうですVM-0を採用したc3です。クリーンディーゼルからガソリン車まで対応します。さらにはステラのVM-0もプロトタイプでリリースします。ご期待ください。

そしていま取り組んでいるのはある方からのご依頼でフォークオイルに取り組んでいます。そのある方というのは近くここで紹介しますが新進気鋭のレーシングライダーです。

ぼくもこの年齢になってもまだまだ2輪に対する欲望は増すばかりで、もちろん時間的な余裕など一切ないのですがジムカーナをやりたいなぁと勝手に盛り上がってます^^;。そんな中、少し古いですが久々にぶっ飛びの映像をご紹介します。タイムを競うジムカーナでドリフトはご法度かもしれませんがこれほど速ければ誰も文句言わないのではないでしょうか。顔もマルケスに似ているこのエクストリームライダーのテクニックはやはり超絶です(多分現在はおっさん)
https://youtu.be/20XsaHpRQC8
ちなみにエクストリームのバイクはノーマルのアルミフレームでは強度がもたないらしく、海外のメーカーから専用のフレーム(鉄製のトレリスフレーム)がリリースされているんですね。もちろん車重は重くなるのですがエクストリームでは速さを競うわけではないので強度が優先されます。もちろんフレームを社外品に変えたバイクは国内では車検に通りませんので競技専用車両となります。楽しそうですね!!

最後に、こんな世の中で僕に出来ることはやはり質の高いオイルをお求めやすくすることしかないと改めて痛感しております。たくさん作れないのが最大のネックですが体力の続く限り頑張りますのでどうぞよろしくお願いいたします。魅力的な商品をリリースしまくりますのでご期待ください。それでは引き続きどうぞよろしくお願いいたします。
# by narrowde | 2020-03-31 00:44 | オンラインショップ

私的FM論#1

 こんばんは!くだんのGRオイルについて大反響頂きまして微妙にありがとうございます^^;。メルマガで下書きまでしたのですが、ふと我に返り、ちょっと待てよ・・・なんで今更他社様のオイルについて書いてるんだろ・・・となってしまい撃沈(苦笑)やめましたww。ただどうやっても0W-20でVIが330というのは物理的に可能なのか?という疑問は消えない。4cStのVHVIプラス(WBASE)を使っても40℃の動粘度がねぇ。一体どんなVM使ってるの?と思えてしまうのです。かなり分子量の大きなVMを採用しているのでしょうね。このあたりの解説はnoteで行いたいと思います。かなり踏み込んだ内容になるので。

さて、今日はFMについて少し語る第一回です。大した内容ではないです。FM=フリクションモディファイヤ=摩擦調整剤のことですが、私も皆さんもオイルの好きな人は常にこのフリクション(摩擦)と戦っているのですが、FMって何も摩擦係数を下げるためだけのものじゃなくて摩擦係数を上げるのもFMなんですよね。もちろんメインは下げるほうなんですけども誤解のないように解釈してくださいね。

例えばうちのメインの商品であるエフェクターCompシリーズはもちろん下げるほうのFMですが皆さんご承知のようにCompシリーズは比較的遅効性のFMなんです。走行距離が増えるにつれて馴染んでいって次第に効果(エフェクト)を体感出来るタイプのもので持続性(ライフ)も優れています。また潤滑性だけではなくで清浄性も優れています。それからこれも当初からこだわっているのですが環境保護性にもかなりこだわっているんですよ。すなわち生分解性ってやつです。

世の中にはいわゆる超絶系のFMはたくさんあるのですが、悲しきかな環境に悪かったりすなわち人体にも悪影響を及ぼすようなFMが少なくありません。いくら効きがよくても僕はそんなもの触りたくもないですしもちろん採用したくありません。でも極限用(競技用)なんかだとそういうものは積極的に採用されているケースが散見されます。まぁ単発で短時間勝負なのでそれはそれでアリなのでしょう。

僕は商売柄いろんなオイルメーカーの技術者とお話しする機会が多いのですが、そんな中で必ず登場するFMといえばやはり皆さんもご存じの有機モリブデンです。今も昔もこれなくしてエンジンオイルは語れません。4輪のレース用オイルでも必須的なアイテムとなっています。中でもMoDTCは極圧性にも優れるのでタイミングチェーンの摩耗対策としても採用されます。また硫黄も含んでいるので酸化防止剤としての機能も備えているのです。

そして何よりも有機モリブデンで特筆すべきは「即効性」があることです。入れてすぐに体感出来るのが特徴です。よくオイルメーカーさんが言うセリフに「体感できないと面白くないよね」という言葉があるのですが、それを最も安易に具現化出来るのが有機モリブデンなのです。まぁここの皆さんはACM-03なんてものをこぞって駆使されますのでご周知だと想像しますが^^;。

こんなことを書いている僕はどちらかというとあまり積極的には採用していません。というのもエフェクターがあるので・・・。ただファーストインプレッションをよくするためにassenにはM-075を採用しています。それから最新のエフェクターDeleyにも。この狙いとしては使用の前半にはモリブデンで体感してもらって全域から後半にかけてはエフェクターを体感していただこうという狙いです。即効性と遅効性(ロングライフ)を兼ねているわけです。なんという贅沢なんでしょう。

 ただエフェクターも即効性のものがあります。それはVA-ZERO3.0スーパーノアクとFRことフリクションリデューサーです。これらも皆さんはご承知のように入れてすぐに体感出来る系のエフェクターです。Compシリーズとの組み合わせで要求に応じた効果を得ることが可能です。

エフェクターの主な大きな役割はやはりFM(低減)です。そして清浄性を高めるということはエンジンの寿命を延ばすということにつながります。要するに守る(保護)するということ。燃費については当初からうちではうたわないことにしています。唯一うたっているのはFRくらい。まぁでもネガティブになる要素はないんですけどね。

それから最新のエフェクターCLT-8はこれは逆のFM効果を狙った仕様です。主には2輪の湿式クラッチ向けに開発したのですがATFやLSDへの添加でも良好な結果が出ています。

素材として面白いのはやはりFRB-03と先日入荷したAPR-015ですね。ほんの微量で抜群の効果を発揮するこれらは本当に魅力的です。

なんだかFM論というよりは商品の宣伝みたいになってしまいましたがやはり添加剤といえばFMですね。ただそれらのFMを活かすにはオイルとしての基礎が鍛えられてないと十分な力を発揮できません。そういう意味でもSSI仕様や僕が惚れ込んでいるTuataraや600cStの増粘剤は今や必須ともいえるもので、もうコスト度外視で自己満足でどのオイルにも入れまくってます^^;。いまやSSIベース&Tuataraが当店のスタンダードとなりつつあります。近い将来には最高峰としてVM-0仕様のオイルもリリースします。あぁ!もうワクワクしっぱなしですわww。世間が大変な時に不躾で申し訳ありません。まぁ人混みに行くわけでもなく孤独に楽しんでおりますのでご容赦ください。

将来的には国内最多品揃えを目指しておりますのでご期待ください。小売りとしては既に最多かもしれませんが・・・。それでは#1ということで軽く終わらせていただきます。いまも昔も有機モリブデンが最前線であるということを今日は書きたかったのです。ではでは!!
# by narrowde | 2020-03-24 00:58 | オイル雑学

Comp-1がバージョンアップします!!

 こんばんは!前回の記事にご反響いただきましてありがとうございます。というか皆さんやはり凄い!!リサーチ力が半端ないですね。ちなみにSDSにはベースオイルや製造会社の掲載があります。僕の目算は見事に外れました(涙)まぁいかに自分のことしか考えていないかという・・・。ただ、変態の中のど変態な人が同業者におられてなんとそのオイルを分析してフォーミュレーションまで暴いたらしいです。なので僕も中身を知ってしまったのでどうこう言うのはもう止めにして、その代わりにもしこのオイルを買ったらどう弄るのか?というのをメルマガでは書いてみようと思います。もちろん僕は買いませんけど^^;。

さて!エフェクターを上市して何年経ったのかなぁ・・・。途中までは何周年とかやっていたのですがもう忘れましたわ。で、今回、マザーオブCompのComp-1に久しぶりに手を加えてバージョンアップすることにしました。何がバージョンアップかと言いますと端的に言いますと耐熱性をさらに向上させます。Comp-2に近づきます。少し流動点が上がりますがComp-2のように扱いにくくはないです。実はComp-2ももっと扱いやすくするべくあれやこれやとやっていますがあまり手を加えすぎるとComp-2の利点がスポイルされてしまうんですよね。なのでこれはこれでよいのではないかという結論に達しつつあります。

Comp-1からComp-3は初期にリリースしたエフェクターですが我ながら良くできているなぁと思います。色あせることなく今やロングセラーというか定番品というか抜群の安定感を誇っています。こういう商品って意図してこうなるんじゃなくてやはり経年実績とでもいいましょうか、時間とともに認知されていくのだなということがよくわかります。社史みたいなものですね。昨日や今日じゃない。みたいな・・・。

僕の好きな言葉に「継続は力なり」という言葉がありますがまさしくそうだなぁと思います。大したことはやっていないのですが継続するということで徐々に信頼も得られて、お客さんはもちろん取引先にも恵まれて今日に至っているんだと。で、こんな稚拙なブログでも共感してくれる人が現れて、協力してくれる人も現れて、なので発信することも大切だと思うのです。自分の中でだけ思いを秘めていても伝わらないですからね。

あ、そうそう。エフェクターといえばS.A.Pも結構初期の段階に作ったものですがこれも好評ですし頼りになるエフェクターです。今回わずかな量を出品しました。ちょっと幻の存在になりつつありますが^^;。

最後に新型コロナの影響ですが、海外からの輸入素材に影響が出始めています。今回の素材が予定よりかなり早く届いたのはラッキーでした。その他はいまのところ聞こえてきませんがそのうち何かありそうな予感もします。

最後に消毒用のエタノールが品薄のようですが95%の飲めるエタノールでしたら仕入れることが可能です。精製水とブレンドすれば作ることが可能です。職場等でご入用がありましたらお申しつけください。潤沢にあるかどうかはわかりませnが。現在メーカーが出荷規制を行っているようです。

それでは今日はこの辺で失礼します。
# by narrowde | 2020-03-18 00:29 | エフェクタールブ

粘度指数300超えの0W-20が存在した

 こんばんは!メルマガで書くつもりでしたがその前にこのサイトを見て皆さんがどう思われるかが興味深く・・・。^^;。

https://toyotagazooracing.com/jp/gr/grparts/oil/

皆さんのことですから既にご承知かもしれませんが、他社様の商品にはまったく興味が無い僕は同業者の人からこんなオイルがあるよ!と教えて頂きました。キャッチコピーからして僕のパクリか?と思いましたが(そんなわけないかww)まぁトップページだけでなく、データとか拘りポイント等を熟読されてみてください。

0W-20ではVIが300オーバーです。5W-40でも・・・。嘘やん・・・と思いましたが。でも純正にしては添加剤やVMのこと等かなり詳細に説明されていて好感がもてました(上からかい!笑)

これもステマじゃないですよ。なんで俺が他社様の宣伝せなあかんねん!て感じですがこれ一体どこが作ってるの?と思いません??元売りじゃないね。多分。僕なりの解釈は近いうちにメルマガで書こうと思います。たまにはこんなのもマニアっぽくて面白いですよね。

 こういう風に人から伝わる情報も大切ですよね。色んな事やってるんだなぁと刺激を受けます。皆さんは僕なんかよりもはるかに市場のオイルに詳しいと思うので「今頃知ったの?」なんて笑われているかもしれませんね。

次回のブログは「僕が考えるFM理論」についてさらぅと書いてみようと思います。いわば「摩擦調整剤」のことです。まぁ結局常にそれとの闘いみたいなものですのでね。滑らせたかったり滑り過ぎてもだめだったり、他との兼ね合いとか環境問題とか・・・・。深いですよね。多分1回の記事じゃすまない気がしますがグダグダになりそうな気もしますが頑張って書きます。

まぁいずれにしても上記のオイルは好きな人が作っているんだなということは明白ですよね。価格もさほど高くないし。僕がいうのもアレですが^^;。

それから、なんとパーツクリーナーのジャンボ缶が品薄になっているらしいですよ!!なんでも容器が中国製なんですって!!決してエタノールのせいじゃないです。ノーマル缶のは品薄じゃないみたいですから。うちの容器は大丈夫かなぁ。明日確認しなければ!!

超絶素材とギアオイルを一緒に買いたいというお声が多いのでギアオイルの受注を恐れながら再開します(汗)オイル界の「ココ壱番屋」になりそうなのでくれぐれも急ぐという人は注文しないでくださいね。これもおかしな言い方ですね。入金なんかはまったくもって急ぎませんのでね。まぁ予約と思って頂くとお互いに気が楽かもしれません^^;。もうそろそろ全て予約制にしたほうがいいのかなぁと思っていたりします。早く欲しい人はヤフオクが吉です。それから近いうちに展開する新ブランドではヤフオク並みの納期を目指します。

この新ブランドは僕の為というよりは普通に買いたい人の為という感じです。それなら他社様の商品でも良いのでは?となりますがもちろんそれでかまいません。ただやるからにはもちろん唯一無二の商品にします。これは創業当初からのポリシーです。僕自身が「他人と同じじゃ嫌!」という思想ですから。ここでしか買えないものを!というのを頑なに貫きます。ですが押し売りはしない主義です。なので例えば僕が商品のテキストなんかで「これは買っておくべき!!」なんてやってる商品は本当にお勧めだということです。純粋にお勧めしているということです。もちろん全部お勧めですけど^^;。

グダグダになってすみませんでした。それではまたです!!
# by narrowde | 2020-03-15 23:37 | エンジンオイル

超絶素材展をスタートしました

 先ほどは中断してすみませんでした。実は先ほどから「超絶素材展」をスタートしております。未だメルマガも発信していないのに皆さん速い・・・(汗)詳しくはメルマガで書きますが今回は当社史上最強と言っても過言ではないほど強烈な高機能素材が予定より早く入荷しましたので早速上市しました。それに加えてあの幻のFRB-03も少量のみですが僕が秘蔵している分だけ出品しました。これは欲しかった人多いのではないでしょうか。

FRB-03とFRM-04(今回は出品無し)は当社の別注品で国内には流通していません。何が別注かと言いますと荷姿が別注なのです。これまでは比較的小ロットで仕入れることが出来たのですがそれが出来なくなり出品を取りやめました。今回はFRM-04の代わりにこれも人気の高いACM-03を再々出品しました。FRB-03は単品でも効果が高いのはご周知のとおりですがACM-03とのブレンドでは更なる相乗効果があります。このコンビは摩擦係数を下げる方向でのFMとしては超ハイレベルな領域です。しかもこんなに微量でです。

0.1%で本当に効くのか?と思われるかと思いますがこれについてはある物質を用いて近い将来動画でお見せする予定です。ワオな世界です。僕はこれらのような小数点以下の配合量で効果を示す素材を「超絶系素材」と呼んでいます。例えば現在assenなんかでは14.8%も配合していますが、もしこれらの超絶素材を使えるならば微量で済むわけです。ただコストもかなりのものになってしまいます。なのでいくらでもコストをかけても良いのならまだ向上の余地はあるのです。あくまでも理想なんですけどね。これらの素材を躊躇なく使えるような価格でオイルが売れるなら良いのですが中々世の中そう甘くはありません。僕の場合はコストとも戦っていますから。

この世界は曖昧な表現で商品が成り立っていますよね。僕が素材に惹かれるのは素材ってそのものであり嘘が無いという点に魅力を感じずにはいられないのです。だから高価でも躊躇なく仕入れるんですね。そして最終目標は当社自信が素材メーカーになることです。多分無理ですけどww。

でもそんな夢みたいな目標に少し近づいた出来事がありまして、これも皆さんに好評で僕自身も墓場まで持っていきたいとまで公言したMPAですがこれを作っている化学メーカーさんと急接近しておりまして面白いことが起こりそうな予感です。ちなみにここはANも自社で作れるんですよ。しかも国内です。これはもう何が何でも仲良くなりたいですよね!!いやぁワクワクします!!自分が出来ないことは出来る人に頼るというのも時短かつコストダウンのかなり有効な手段ですよね。

オイルを売り始めたころは本当にどこにも相手にしてもらえなくてつらい日々を過ごしましたがまさかこんな状況になるとは夢にも思っていませんでした。やはり継続は力なりなんですね。何事も。会社の規模なんて関係ないですよ。熱量が大事だと思います。

それではメルマガでお会いしましょう!!
# by narrowde | 2020-03-15 00:09 | オンラインショップ

ちょっと社会実験中・・・佐川急便での発送

 こんばんは!今日は台風並みに荒れた安来市です。皆さんのところは大丈夫でしょうか・・・。コロナの陰に隠れて大きく報道されませんでしたが石川県で大きな地震がありましたね。この状況下での大地震・・・。もう何と言ったらよいか・・・。ただもうここまで来たら何もかも受け入れてネガティブを整理したいような気持ももありませんか。時代がそんな時代になっているのかなぁなんて考えたりもします。僕は投資には全く興味がありませんが株なんかも大変なことになっているようですね。お付き合いで積み立て型の投資をしているのですが気持ちが悪いので解約しようと思います。損はしますが商売でも損はつきものですので仮にゼロ円になったとしても僕のような人間は気にしません。ただマネーゲームは僕の性に合わないと思うだけです。パチンコと同じです。やはりお金というのは労働で得なければというのが僕の考え方です。古い人間ですねww。古い人間でも投資はすると思いますのでやはり偏屈なんでしょうね^^;。あ、そうそう。おっさんホイホイによって加入した外貨建て積み立て保険も解約しなければ!!これらのお金で狙っているバイクでも買おうかな^^;。そのほうがよっぽど確実で安全ですわ。

 さて、ここ数日に発送して届いた方は「お?」と思われたかと思いますが、運送会社がこれまでのヤマトからなんと古巣の佐川急便になりました(汗)いえいえ、完全に移行したわけではなくて社会実験的に試しています。というのも以前の工場の時の佐川のドライバーさんが出世して現在の工場のある地域の担当になり、なんとかヤマトから荷物を奪おうとしているのです。まぁ中々難しいところですが・・・。実はヤマトの前はずっと佐川だったんですよね。あの頃は価格競争が激化していたころでとにかく佐川の息が荒かったのを覚えています。当時の佐川のドライバーは送料を自分で決める決裁権がありましたからね。今思うと凄い時代でした。

ヤマトさんとはくだんの値上げ以降いまひとつパッとしない関係が続いています。あれは本当に酷かった・・・。まぁドライバーのせいではないのですが。各方面でこころよく思っていない人がおおいのではないかと想像します。とは言ってももっと安くしろとか言っているわけではなくて相手だって商売ですから無理な交渉はしないことにしています。楽天のような真似はしません^^;。経済は回ってなんぼですから。

実は僕はアマゾンも好きではなくて使いません。いずれも守銭奴が経営している企業ですしね。商品も酷いし・・・。性に合わないんですわ。同じものを買うならヤフーショッピングとかヨドバシとかアスクルとかで買いますね。まぁいずれも守銭奴ですがまだ可愛げがあるし^^;。言葉が汚くてスミマセンね。

ちょっと用事が出来たので一旦切ります。また後程・・・。
# by narrowde | 2020-03-14 21:48

こんな姿勢の病院がある住民は幸せだと思う

 こんばんは。ここ数日ヤフートピックスを見ていて思うのはやたらと「クラスター、クラスター」という見出しが多いのに苛立ちを覚えるのです。というのも僕らの業界でも違う意味でクラスターという言葉をよく使うからです。わけもわからずにやたらとクラスターと使うのではなく単に「集団感染」と書けば良いものを・・・。そしてそれらのリサーチ力の欠如や文章力の欠如がどれほど国民の不安を煽っているかという・・・。伝えることでご飯を食べているとしたらもはや故意としか思えない無能ぶりと言えます。あまりに酷いので僕はもうトピックスを読まないことにしました。そんな中、本当に正しいことを書いている病院の記事を見つけたのでリンクを貼り付けます。内容的にもわかりやすくて素晴らしいと感動しました。こんな病院がある静岡県の地域の方々はコロナの不安など払拭されることでしょう。これ書いた人がテレビなんかに出ればかなり不安が払拭されると思うのですが・・・。

https://www.chutoen-hp.shizuoka.jp/important/20200305/corona_1/<br>
掲載記事1~3まで読んでくださいね!!<br><br>

 保育園に朝子供を連れて行くと毎日のようにホワイトボードに「溶連菌が出ました」「アデノウイルスが出ました」「インフルエンザが出ました」と書いてあります。うちの子ももれなく感染してこれまでに2回も入院しました。アデノウイルスなんかは致死率10%です。それでも保育園は閉園になったりしませんし入院してもお見舞いの電話の1本もありません。日常なので当たり前なのでしょう。また感染することはいわば洗礼のようなもので感染することによって子供は免疫力が出来て強くなっていくということなのでしょう。親としたら感染するたびに「なんてことを!」と思えるのですがこの世に生を受けたことの最初の試練なのだなと諦めざるを得ません。

今日、島根県知事が記者会見をしているのを報道で見ました。こちらは未だ休校になっていない自治体が多いです。僕は先日の記事で一斉休校の足並みを揃えないことを批判しましたが今日の知事の会見を見て180度異なる印象を受けました。「この人ブレてないな」と。あえて休校にしないという姿勢もアリなのではないかと。もちろん感染者が県内で発生した場合は即座に動く準備を整えているそうですがそうでなければいつも通りでいいんじゃないかと思えたからです。

PCR検査をすれば恐らくものすごい感染者の数になるのでしょうけど80%以上が無症状または軽症なのでイタリアのようにとまではいかなくても医療現場が大変になるのは容易に想像出来るし、何よりも経済への影響が大きすぎるなぁと思えるのです。なので孫さんが100万人にPCR検査を提供するというのはあまり賛成出来ないなぁと思いながら記事を読んでました。

しかし何をやってもやらなくても批判を浴びるようなこの世の中・・・本当に世知辛いですね。そんな風になってしまったんだなぁと。僕なんかは一人で仕事をしているのでほぼほぼ何の影響も受けにくいのですがなんだか嫌な世の中になりましたなぁ・・・。しみじみ。

ホームページに「唯一無二!超絶素材展」のコーナーを設置しました^^;。詳細はメルマガにて熱く語らせて頂きますww。それから他社様の商品でちょっと面白い情報をキャッチしましたのでメルマガの方で紹介したいと思います。僕がここで書くとその商品がバカ売れするみたいなのでここでは書きません^^;。ちなみに僕はステマとかアフィリなんていう胡散臭いことは一切やっていませんのでご安心ください。僕はあくまでも自分の商品だけでご飯を食べます。いつだって直球勝負です。

皆さん!焼肉とかご飯をたくさん食べて最低でも6時間以上の睡眠をとって自己免疫力を高めましょう!!パプリカも免疫力を高める野菜です。それでは今日はこの辺で失礼いたします。
# by narrowde | 2020-03-12 00:33

気になるオイルの探り方

 こんばんは!先ず先日書いたパーツクリーナーでの除菌について重要な事を書き忘れました(汗)絶対に火の気の近くでやらないでください。火の海になります。なので結果的にはやらないほうがいいです。やはり現時点では食器用洗剤を薄めた溶液が最も安全で安価で確実です。これはコロナに特に効果があることが立証されているのです。皆さん布教していただいているようですが信じてもらえないとのこと・・・。まぁいいじゃないですか。オイルと同じで知っている人だけが得をすれば良いのです。無理に信じてもらわなくてもよしとしましょう。疲れるだけですわ。

さて、今日は「気になるオイルの探り方」と題して、あのオイルが気になるのだけどどんな質問を投げかければ上手く聞き出せるのだろう・・・という要するに「聞き方(尋ね方)」を書きたいと思います。

先ず最初にこちら側(売り手)からして最も嫌な質問は「〇〇のオイルと比べてどうですか?」という質問。これはね、嫌なというよりは「そんなもんわかんねぇよ!」というのが本心です^^;。だって使ったこともなければ何を使っているかもわからないのですから答えようがありません。なのでスルーしますww。

自分はそのオイルの何を知りたいのかという事を箇条書きにでもして実際にそのオイルを作っている企業に疑問をなげかけるのが最も正確な情報を得られるはずです。答えたくない部分は「答えられません」と答えてくれるはずです。なにしろピー音が多い業界ですから^^;。

 それから質問をする前にご自分のお車に指定されているオイルの規格と指定粘度を知っておくことは大前提です。それもわからずに質問を投げるのはナンセンスです。またその規格っていったいどんな規格なのかを掘り下げてみるのも楽しいですよ。ネット社会ですので簡単に調べることが出来ます。このブログでも記事検索すればヒットするはずです。そんな機能あるのかは知りませんが・・・。

オイルが好きな皆さんが先ず知りたいのはどんなベースオイル(ここでは基油)を使っているのか?だと想像しますがこれは問い合わせると高い確率で答えてもらえるはずです。パーセンテージまでは無理かもしれませんが大まかな組成は教えてくれると思います。

最近の僕のトレンドとしてはVM(粘度指数向上剤)は何を使っていますか?どのくらいのSSI値のVMを使っていますか?という質問はかなりの核心に迫れると思います。がしかし・・・これに答えることが出来るオイルメーカーは極わずかだと思います。なぜならここにこだわっていないからです。これにこだわると本当に高いオイルになるのと仕入れる量(いわゆるロット)も多くなるので資金力が必要になります。

前回の記事でも書きましたように規格から探ることもある程度可能です。そういう意味ではAPIよりはACEAのほうがレベルが高いと言えます。パッケージの価格も高いですし、VMも良いものを要求するからです。基油もグループⅢを使っていると思って間違いないでしょう。VW504.00ともなるとPAO(グループⅣ)が20%は配合されるはずです。要するに3拍子揃っているんです。高いには訳があります。

なんだか御題から少し逸れましたがエステルはどんなエステルですか?とかFMは何を使ってますか?なんてのは聞くだけ野暮です^^;。また聞いたところでわけわかんないでしょう??うちみたいにほぼ全てを公開してまた再現可能なように素材まで売っているところは稀でしょうし。ほぼほぼリアルタイムで共有してますからね!!

余談ですが最新のSP規格では有機モリブデンが肝になるようです。なので湿式クラッチの2輪での共用は難しくなりますね(高粘度の場合)僕としてはやはり2輪では2輪用のオイルを使うことをお勧めします。もし4輪と共用する場合はCLT-8を投入することを推奨します^^;。

 今の僕は主に何を考えているかというと、新しいブランドのネーミングとラインナップのフォーミュレーションを考えています。それにより決算の事務作業が全く進んでいません(汗)コロナで申告期限伸ばしてくれると良いのですが・・・。ついでに減税もww。

新しいブランドのコンセプトは強くて滑らかで日本全国で季節を問わず使えるオイルを目指します。製造は全て外注。荷姿は販売して頂く方々と相談ですが恐らくはペール缶になる予定。納期は一般の市販オイル並みになる予定です。第三者の手を介する為販売価格は・・・。こればかりは仕方がないですね。何かが犠牲になります。それでも価格に相反する性能を提供しますので特に早く欲しい、大量に欲しいお客様はご期待ください。初の量産オイルになりますがフォーミュレーションはかなり凝り固まったものになります。そうでないと皆さん納得しないでしょう??

 なんだか本題とずれた感が否めませんがせっかく質問をするのですから的を得た質問をしましょうということを今日は書きたかったのです。例えば「2輪に使えますか?」とか「サーキットで使えますか?」などというアバウト過ぎる質問はNGです。出来得る限りご自分の詳細な情報を売り手に伝えることです。どんなマシンでどんな使用環境で現在どのような不満があってどのような性能を望むのか・・・。売りてとしてはそこが知りたいのです。そこまで教えて頂いても中々メールのみで正解を導くのは難しいですが情報は多いほど助かります。

長々とすみませんでした。また次回に・・・
# by narrowde | 2020-03-08 00:08 | オイル雑学

強くて滑らかなオイルを市販品だけで作る方法

 こんばんは!コロナの影響で増々おかしな方向に進んでいる世の中ですね。いやぁ、困ったことになったものです。こちらは未だ学校も休みになっていないし感染者も表面上は出ていませんがマスクとトイレットペーパーは欠品しているようです。全世界的に何をどうすれば??って感じなのでしょうね。コロナの件に関しては僕ごときが書くのはもうやめることにします。

 さて。今日は番外編とでも言いましょうか。市販の商品を使って強くて滑らかなオイルを作る方法を紹介したいと思います。まぁそんなに大したことじゃないのですが・・・。ちなみにうちの商品の紹介じゃないです^^;。

先ずは市販ベースとしてはやはりACEA C3を狙って頂きたいです。5W-30、5W-40ですね。c3をうたっているオイルはSSIが20~25のVMを使っているはずですので自ずと体幹の強いオイルであるということ。パッケージもSN/CFよりもリッチなものが使われているはずです。基油もVHVI(グループⅢ)なはずです。「はず」ばかりですみません。

やっぱり基礎体力がしっかりしている物を買う事をお勧めします。ただここの皆さんはこれだけでは恐らくかなり物足りないでしょう。ここまではあくまでもベースのお話です。もっと滑らかさが欲しいと思うのではないでしょうか。そこで選択肢に上がるのはFMになります。ここでは滑る方のFMです。ここでの代表格はやはりMoDTC一択になるでしょう。最も手軽に体感出来るFMこそがMoDTC(有機モリブデン)です。

MoDTCスペース添加剤で検索すればたくさん出てきます。中にはMoDTCそのものを名前だけ変えて売っているものもあります。つまりはそれほど秀逸だということです。まぁMoDTCは摩耗防止、極圧、酸化防止剤という多機能添加剤でもありますから本当に重宝します。

先ほどのC3オイルにMoDTCを適宜配合すれば体幹の強い滑らかなオイルが手軽に完成します。C3を選んだのはクリーンディーゼルにも対応出来る点です。DL-1にはちょっと注意が必要ですが・・・。概ね問題ないでしょう。

MoDTCは今も昔も第一線のFM剤です。当社の場合はエフェクター類があるのであまり多用しませんが最も入手しやすくて効き目がわかりやすい添加剤と言えるでしょう。どのオイルメーカーも秘密裏に採用しているのはやはりMoTDCなのです。

今日はMoDTCを宣伝したかったのではなく、一般の方々が簡単に強くて滑らかなオイルを作れる方法を書いただけです。というのもうちのオイルやエフェクターは本当に一般の方には難解過ぎるからとっつきにくいと思えるからです。それにこれらの商品ならすぐに入手出来ます。すぐに手に入るというのはやはり便利です。ただ価格については書いていません^^;。

まぁ市販品で例えばRIZE-EVO+Tの性能まで持っていくのは先ず無理でしょうね。しかもあの価格で・・・。そのくらい特殊で特別なことをやってます。この続きはメルマガで!!


# by narrowde | 2020-03-07 23:09 | オイル雑学

強くて滑らかなオイルを市販品だけで作る方法

 こんばんは!コロナの影響で増々おかしな方向に進んでいる世の中ですね。いやぁ、困ったことになったものです。こちらは未だ学校も休みになっていないし感染者も表面上は出ていませんがマスクとトイレットペーパーは欠品しているようです。全世界的に何をどうすれば??って感じなのでしょうね。コロナの件に関しては僕ごときが書くのはもうやめることにします。

 さて。今日は番外編とでも言いましょうか。市販の商品を使って強くて滑らかなオイルを作る方法を紹介したいと思います。まぁそんなに大したことじゃないのですが・・・。ちなみにうちの商品の紹介じゃないです^^;。

先ずは市販ベースとしてはやはりACEA C3を狙って頂きたいです。5W-30、5W-40ですね。c3をうたっているオイルはSSIが20~25のVMを使っているはずですので自ずと体幹の強いオイルであるということ。パッケージもSN/CFよりもリッチなものが使われているはずです。基油もVHVI(グループⅢ)なはずです。「はず」ばかりですみません。

やっぱり基礎体力がしっかりしている物を買う事をお勧めします。ただここの皆さんはこれだけでは恐らくかなり物足りないでしょう。ここまではあくまでもベースのお話です。もっと滑らかさが欲しいと思うのではないでしょうか。そこで選択肢に上がるのはFMになります。ここでは滑る方のFMです。ここでの代表格はやはりMoDTC一択になるでしょう。最も手軽に体感出来るFMこそがMoDTC(有機モリブデン)です。

MoDTCスペース添加剤で検索すればたくさん出てきます。中にはMoDTCそのものを名前だけ変えて売っているものもあります。つまりはそれほど秀逸だということです。まぁMoDTCは摩耗防止、極圧、酸化防止剤という多機能添加剤でもありますから本当に重宝します。

先ほどのC3オイルにMoDTCを適宜配合すれば体幹の強い滑らかなオイルが手軽に完成します。C3を選んだのはクリーンディーゼルにも対応出来る点です。DL-1にはちょっと注意が必要ですが・・・。概ね問題ないでしょう。

MoDTCは今も昔も第一線のFM剤です。当社の場合はエフェクター類があるのであまり多用しませんが最も入手しやすくて効き目がわかりやすい添加剤と言えるでしょう。どのオイルメーカーも秘密裏に採用しているのはやはりMoTDCなのです。

今日はMoDTCを宣伝したかったのではなく、一般の方々が簡単に強くて滑らかなオイルを作れる方法を書いただけです。というのもうちのオイルやエフェクターは本当に一般の方には難解過ぎるからとっつきにくいと思えるからです。それにこれらの商品ならすぐに入手出来ます。すぐに手に入るというのはやはり便利です。ただ価格については書いていません^^;。

まぁ市販品で例えばRIZE-EVO+Tの性能まで持っていくのは先ず無理でしょうね。しかもあの価格で・・・。そのくらい特殊で特別なことをやってます。この続きはメルマガで!!


# by narrowde | 2020-03-06 21:36 | オイル雑学


エンジンオイルや表面処理、モーター関連に関するコアな情報をお届けします^^v


by narrowde

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

検索

最新情報ですよ(^0^)V

エンジンオイルやウエットブラストをはじめ当社の取り扱い商品が購入できるオンラインショップが遂にオープン!!貴方に最適なオイル選びとハイクオリティウエットブラストならぜひ当店へ!



オイル相談室
のフォームを設置しました。お気軽にご利用くださいませ。



当社に対するあらゆるお問い合わせは、お気軽にメールはこちら
までお問い合わせ下さい。




カテゴリ

全体
エフェクタールブ
ホームページ
オンラインショップ
Bクラスオイルコラム
エンジンオイル
Starkシリーズ
ウエットブラスト
オイル雑学
セールSale
バイク

未分類

フォロー中のブログ

【匠のデジタル工房・玄人専科】
Psychederhyt...
近藤岳志の建築設計日記

ライフログ