人気ブログランキング |

これからしばらくギヤオイルに傾倒します!!

 こんばんは!今日は好天に恵まれた安来市です。今日みたいな日が続くと助かるのですが・・・。昨夜の記事を書いた後にトピックスをみるとロレンソ引退の2文字が・・・。モチベーションが維持できないとありました。うんうん、わかるよ、その気持ち。特に超ハイレベルなカテゴリーで頑張っている人にとってはモチベーションを維持出来なければすなわち勝てないってことになりますからね。特にロレンソクラスになると下位の常連になるようではもはやこれまでとなりますよね。WSBKとかに行ってくれると面白いのですが。無理かなぁ。ところでロレンソの後釜は誰に?という話題で持ち切りですがいまのところ最有力はヨハンザルコか。どうなんでしょうね。興味深いです。様子を見てみましょう。

さて、エンジンオイルがほぼ出揃ったところで僕の気持ちはもうギヤオイルにかなりの部分傾いています。というかもちろんエンジンオイルとセットで考えなければならないのですが何しろエンジンオイルでここまでくるのに10年以上かかってますからね。やっとか・・・という感じです。こんなに長くかかってしまい皆様には申し訳ないです。ただまだ始まろうとしている段階ですからね。難しいんですよ。この先何年かかるかわからないですが熟成させていきたいと思っています。

現在2パターンのフォーミュレーションがありまして一つはパッケージを使ってアレンジを加えたもの。もうひとつは完全なるコンポーネント。どちらをとってもベースオイルは最低でもPAOになります。これはコストを追求するものではなく完全にコストを無視します。とはいってもべらぼうに高いものを作るつもりはありません。ただただ拘りたいのです。

基本的なたたき台のラインナップを作ってそれをベースに個々のご要望に応じていくのはこれまでと変わりませんがエンジンオイルよりもさらに細かなご要望になるのではないかと想像しています。要するにLog-OILになっていくと思います。でも難しく考える必要はなくて微小な何かを加えることもLog-OILです。基礎がリッチ過ぎるのでそのままでもOKの可能性が高いと思いますがここの皆さんはそれでも納得されない方々ばかりですので・・・^^;。

またエンジンオイル同様に素材やエフェクターも駆動系のものを充実させて皆さんがご自身でモディファイ出来るような体制も整えます。まさにオイルオンデマンド体制です。悲しきかなひとりでどこまで対応出来るかがカギですが心意気はかなりのものです。Narrowdeの第一期をエンジンオイルとするならこれから第二期に突入するという感じです。やはり10年はかかるのかなと見込んでおりますが魅惑の素材が続々と入荷しておりますので早く皆さんと分かち合いたいです。

 次回は今後の展開について説明したいと思います。その中にはいよいよ販社(仮名)募集も含まれます。よくある代理店の募集でないことは触れてきましたがFCでもないことをお伝えしておきます。僕と一緒に頑張って頂けるという方はスタンバイをお願いいたしますm(_ _)m極少数の募集となります。それでは今日はこの辺で失礼いたします。
# by narrowde | 2019-11-16 01:53 | オンラインショップ

うちの0W-30はどれを選んでも破格です^^;。

 こんばんは!寒いです・・・。冬ですね。嫌な季節に入りました。出来れば冬眠したいくらい。北日本は初雪を観測したそうですね。今冬も暖冬と言われているそうですがほんまかいな・・・。

さて、新たにリリースしたassen,RIZE,TRUTHの0W-30が好調です。まぁ安過ぎとでもいうのでしょうか。低粘度指定のお車、0W-16、0W-20、5W-20、5W-30、10W-30、そして0W-30と幅広い粘度域に使えるのでとても重宝する粘度のオイルです。僕に言わせれば0W-16とか0W-20なんて粘度のオイルはせいぜい新車から3万キロ走行くらいまでで、それ以降はやはりこの0W-30を入れてやるのがエンジンにも優しいと思います。しかもこれほどFMを効かせているので燃費もネガになることはないでしょう。そしてなんといってもPAOまで入れてあるので安心です。価格は安いですが十分ハイエンドオイルです。そういう意味ではうちのオイルはどれもハイエンドですけども。作っている僕が言うのですから間違いないです^^;。

例えばヤフオクの12500円が高いという人はいないでしょう?この価格からヤホーに9%と国に10%持っていかれるのですから正味は10000円です。そこから容器代を引いたら・・・。そんなんで出来ませんよこんなオイル。ただみたいなものです。しかも配合量まで明記して、製作日とこれはどうでも良いですが自己満足の直筆サインまで入っているというww。さらにRIZEなんかはヤホーに取られない分Tuataraまで奢っているという念の入れようです。この価格でここまでやってるオイルがあったら教えてください。素直に負けを認めますから。

昨日は業界にはちょっとショッキングなニュースが流れましたね。僕もかねてから凄い勢いだなと思っていた某大手タイヤ販売会社。安いには理由があるしそこから利益を出すには嘘をついたり偽造したりという小細工(大細工?)するしかないというね。恐らくここだけじゃなくてほとんどがやらかしていると思いますよ。規模が大きくなるとそうなるんですよ。自動車メーカーだってそうですし。正直にやってて儲かっているところなんてあるのかなぁ。この時代ないでしょう。そんな企業。

オイルだって中身(配合量)を明かさないのは虚偽ってる証拠ですわ。例えばどんな素材を使っているというのは企業秘密で良いと思うんですけどどのくらいの量を入れているのかってくらい明かしたってなんてことありません。だから僕が取引(仕入れ)する場合はここをクリアにしないメーカーとは取引しません。まぁもうその必要もないのですけど。

VHVIを化学合成油とする云々は僕としては論外でここで論ずるまでもないのですが、PAO配合なのにPAOベースと表記するのもどうなのかなぁと・・・。価格とか性状見ればわかりますけども。わかっていない人が99%の世界ですから騙すのは簡単ですよね。

まぁよその事はいいか・・・。自分がちゃんとやってれば結果はお客様が判断してくれるし。将来的にこの事業が駄目になっても愚直にやったという自負が残ればそれでオーライですわ。我が人生に悔いなし。子供にも胸を張れるってものです。

ところで前回の記事は初のティザー広告にしてみました^^;。要するにイメージ記事です。エフェクター「Deray=ディレイ」って何?かと言いますと先日先行発売したヤフオク用のエフェクターSENSE(センス)をお届け前に早くもアップデートしてしまいました(汗)もうアホです。で、名前まで変えてしまうという暴挙ぶり。エフェクターディレイってそのまんまやんけ!とギター弾きの方には突っ込まれそうですが、意味合いとしては「遅らせる」という意味があるんです。つまりは当社の命題であるエンジンの寿命を遅らせる=延命する。ということです。

長持ちさせるってあらゆる意味で良い事だと思うんですよね。お財布にも優しいし、環境にも優しいし、モノを大切にする精神も養えるし達成感もあるし。オイルに出来ることってそこなんじゃないかと思うのです。まさに社命です。

最近は地元の一般の(要するにあまりオイルとかに興味のない客層)人々にもご支持をいただくようになり若干の恐怖を覚えています^^;。何が恐怖かと言いますと店頭でのオイル交換作業が増えることへの恐怖です。そんな暇ないですもん(汗)でもそういう鈍感な人たちにわかってもらえるというのは冥利に尽きますね。特に年配の人とかね。やっててよかったと思えますね。

あ、もちろんSENSEをオーダー頂いたお客様にはディレイでお届けしますのでご安心ください。僕の場合後ろは振り返りませんので。商品も前進あるのみです。

それからホムペのオーダーの際に住所のアパート名みたいなのが必須になっているそうで・・・。「うちは一戸建てだぞ!」とお叱りを受けました。知らんがなそんなもん。そういうひな形になっているみたいなので「無し」と記入して無視してくださいな。チープなホムペで申し訳ありません。たまに住所の欄に「無し」と書いている人がいるのでヤマトの伝票にも「無し」と書いていたのですがそういうことだったのか・・・。もう何年もやってるのに初めて知りました。

最後に、予告なく色んな商品が廃盤になっていることをご了承ください

特に指摘が多いのはBABY-OILとLiseのMGシリーズですね。BABY-OILに関してはCLTの技術を使った新たなシリーズを10Lでお届けしようという計画です。Liseの業販用MGはボランティアが過ぎたので廃盤としました。RIZEがお求めやすいのでそちらをご検討ください。3倍くらいの価格で売って頂いても怒られることはないと思います。

日々オイルを作りながら「いいねぇ!」と独り言を言っております^^;。どれも自信のオイルです。そして安いです。嘘がありません。真実のオイルです。

ホルヘロレンソ引退か・・・。いやいやまだやれるでしょう。ゆっくり怪我を治して戻ってきて欲しいですね。ロッシもまだまだやれますよ。僕の心の支えですから。340km/hでも遅いなんて言っている連中ですからおかしいですって!^^;。長々とすみませんでした。
# by narrowde | 2019-11-15 00:51 | エンジンオイル

Effector delay

e0108888_00164627.png

# by narrowde | 2019-11-09 00:18 | エフェクタールブ

お問い合わせについてのお願いごと

 こんばんは!朝晩めっきり冬みたいになりましたね。僕にとってはとても辛い季節に突入です。僕がなぜ寒さに弱いのかと申しますと体温が普通の人より1度ほど低いんですね。なので暑いのは割と平気なのですが寒さにはめっぽう弱いという(涙)体温というのは健康とも密接に関係していて体温が低いということはもちろんあまり良くない傾向です。まぁでも持って生まれたものですからこればかりは仕方がないですが。でも一人自営業ってことで体調管理はプロアスリート並みにやっております。この年齢でも200Lのドラム缶を日々何本も軽々と移動出来る腕力には自信があります。いつでも西濃運輸にトラバーユ出来ますよ^^;。トラバーユって古い用語ですねww。

さて、今日は皆さんにお願いがあります。メールでお問合せを頂く際にもちろんこんな時代ですから携帯電話のメールからお問合せを頂くケースが多いのですが僕は22時以降は携帯ヘはメールしないことにしています。加えて僕がパソコンに向き合うのもこの時間帯以降が多いのです。昼間は作業のゴールデンタイムなのでデスクワークはしません。その点パソコンのメールアドレスの場合は深夜でも遠慮なく返信できます(勝手にそう思い込んでいるだけかも)。なので出来る限りパソコンメールからお問合せ頂けますと助かります。最近はお客様の知識レベルもかなり向上しておりお問合せの内容もとても読み応えのあるものが多いのでなおさらです。色々と注文ばかりで申し訳ないのですがご協力をお願いいたしますm(_ _)m

それからもう1点謝罪しなければならないことがあります。ヤフオクの出品テンプレートが古すぎてヤフオクの新システムでは説明欄のものすごく下の方に表示されてしまっていたようで・・・。今回0W-20と0W-30を出品して初めてその惨状に気付いたという・・・(滝汗)今回からちょっとダサいテンプレートになりましたがテキストも一新しました。もしかしたらテンプレートないほうがよかったりしてとも思ったり。難しいですねネットは。

で、その際に久しぶりに多店様のテンプレートはどんなものを使っているのか参考にしようと思って少しサーフィンしていたら僕の知らない間に色んなドメスティックなオイルが増殖しているのに驚きました。凄いことになっていますね。そんな中このクソわがままなオイルを選択してくださり改めて感謝しております。

これほどたくさんのオイルがある中でどれを狙ったら良いのか・・・。ガソリンにもクリーンディーゼルにも使用出来るオイルならACEA C3のオイルで最も安いのを選ぶと良いのではと思います。5W-40でもC3がお勧めです。というのも恐らくですが僕がSSIシリーズで選択しているのと同クラスのVMが採用されている気がするからです。要するにVHVIベースのC3で最安のものを選べば大きくは間違わないしエフェクターや素材を足すべーすとしても基礎体力が高いので良いオイルに化けやすいのです。ほとんどのオイルメーカーは添加剤メーカーのリリースするフォーミュレーションに従ってブレンドしているだけですからあまり差異がありません。ただ好き者の在籍するオイルメーカーは色々混ぜ込むのが好きなので独自のオイルが出来ます。皆さんのほうが詳しいですよねそういうの。

そういえばホンダの高橋巧選手が来年からWSBKフル参戦が決まりましたね。日本のトップライダーがWSBKでどの位置につけるのかが興味深いです。またLCRホンダの中上選手も来季はワークスマシンを獲得することになったようです。ただ代役のザルコが好感触を得ているようですので再来年はどうなるかわかりませんね。

それでは今日はこの辺で失礼します。
# by narrowde | 2019-11-08 02:24 | オンラインショップ

新設備導入が意味すること

 こんばんは!連休はいかがお過ごしでしたでしょうか。MOTO-GPは久々にマルケス以外が優勝しましたね。観てはいないのですがトピックスの文面だけでイメージを膨らませています。またフェルスタッペンも3位入賞で、両者に言えるのはマシン云々よりもドライバー(ライダー)の技量に頼る部分が大きいのかなと感じます。僕は4輪の世界にはあまり詳しくないのですがF-1ではフェラーリに乗ることがステータスなのだそうですね。あのハミルトンでさえもフェラーリに乗りたいと思っているそうです。そこから察するとルクレールがいかにシンデレラボーイであるかがうかがい知れます。MOTO-GPではファビオ・クアルタラロという若手がそれにあたるのでしょうか。来季はいよいよワークスマシンを与えられるそうですがメインスポンサーがメルセデスAMGと同じあのペトロナスですから資金は潤沢ですよね。ある意味ワークスより資金があるのではないかと察します。石油会社はお金持ちですから。

マルクマルケスもかなりファビオを意識し始めているようですがまだまだマルケスが2枚くらいうわてです。ファビオの優勝は来季にはいずれ訪れるのでしょうけど。壁は高いですよね。最高峰ですからそう簡単には勝たせてもらえません。一方でロッシは4位あたりでも「終わった・・・」とか言われてるのは本当に気の毒です。ストレートで抜かれるのってレースでは本当に悔しいと思います。頑張れロッシ!!別に優勝なんていまさら望んでないしww。

鈴鹿のJSB1000ではついに2分3秒台が当たり前というかトップになる為のタイムになりましたね。3秒台なんて無理だと思ってましたけど進化って凄いなぁと思います。ちなみにマルケスやファビオだとどのくらいで走るんでしょうね。3秒台は出すのかなぁと下種な想像をしてみたり・・・。まぁ一発のタイムとロングランは違いますからね。MOTO-GPもたまにはマシンをシェアしてみたら面白いのではないかと思います。マルケスがKTMに乗っても速いのかとか。これも下種の勘繰りですが。

 さて、前置き長すぎですが本題です。お題ってほどのこともないのですが新しく導入する設備が何を意味するのかと言いますと早い話がオイルの内製化です。これまではどこかしらの市販オイルをベースにエフェクターを加えてMOD-Lubeとしたり、最近ではVMを指定して外注したりしていたのですが完全内製化を図ることにしました。それによってス少なからず皆さんが気になっているであろう〇〇社のオイルを使っているんじゃないの?とかいう憶測や妄想がなくなるのではないかと・・・。もちろん僕にとってはそんなことどうでも良いのですがもうそろそろそういう時期にきているんじゃないかなと判断したわけです。あわよくばDIも使わずにコンポーネントで行こうかとも考えていますよ。

僕はオイルメーカーになるのが目標ではないのですがここまで手間をかけるのならいっそのこと全部やってまえということです。問題はお求めやすく出来るかということだけですね。例えば当社の場合はフルオーダーのオイルを20Lからお作りすることも出来るのですが実はそんなサービスいまやどこでもやっているんです。価格は安いかとかは僕にはわかりませんけど。この業界はそういう意味ではかなり小回りが利くように変化しています。それはすなわち売れてないということだと思うんですよ。大きな会社もそういうことまでやらないとやっていけない時代に突入しているのでしょうね。なので御社様オリジナルのオイル作りますなんてことは僕はもううたわないことにしました。その代わりに当社しか出来ないサービスを展開します。ご期待ください。

 それから僕は我が道を行くだけの人間ですから仕事でもプライベートでも他人とか他社のことは全くきにしていないんです。特に仕事で気にしているのはどんな素材を引っ張ってこようかとか新たな素材の発見のことしか頭にありません。脳内は半分が素材で半分が子育てです。その子育てに最近は少々スランプ気味です(涙)難しいですね・・・子育て。自信なくなってきた(汗)55歳・・・。遅すぎたのかなぁ・・・。遅いよねぇ。

 今日、イオンに買い出しにいったら55歳以上の人はワオンカードGGポイント5%なんて書いてあってちょっとショックでしたわ。おいらもGGなんだなって。

話は変わって最近ZF製の8速ATにはまってまして・・・。これは本当に良く出来たATだなぁと感心しています。ちなみに相方が乗っているのでした^^;。僕みたいな老齢だけどMT感覚で走りたい人には最高のATだと思います。僕はATはもちろんCVTなんて・・・という人間ですがこの8速ATなら許せます。というかもうMTじゃなくていいやとさえ思えます。それでは今日はこの辺で・・・。 
# by narrowde | 2019-11-05 00:19 | エンジンオイル

改めまして当社の社名の由来について

 こんばんは!前回のブログですが中途半端に終わってしまい申し訳ありません。実は寝てしまいまして何を書いたかも覚えていなく非公開にしていました。僕のブログなんて半分夢の中で書いているようなものなので半分くらい信用してください^^;。

さて。今日は当社の社名である「Y.M.E株式会社」の由来について少しお話したいと思います。Yはもちろん安来市のYですがMはマテリアル(素材とか材料)という意味です。ちなみにこの社名はオイルを売る前からのもので、僕はマテリアルというものに執着があり金属はもちろん、繊維(衣服)、皮革やそして現在のような化学品に至るまでとにかくマテリアルに徹底的にこだわります。それはオイルを売る以前の当社をご存知の方ならご周知のはずです。そしてEはエンジニアリングのことです。それらを駆使した技術を意味しますが本来は僕が2輪畑の人間であることに由来します。

ただ素材に詳しいだけではだめでそれをどう使うのかとかというところが理解出来なければ技術とは言えません。ただの商社になってしまいます。それらを統括したものを提供するという意味でこの社名にしました。正式には「安来マテリアル&エンジニアリング株式会社」と申します。現在は成り行きからオイル屋のようになっていますが自分の中ではひとつの部門として捉えています。今日のこの状況は狙ってそうなったものではなく成り行き上こうなってしまったというのが正解です。で、ご周知のように沼にはまってしまっています(汗)

もちろん良い意味でハマってしまっているわけですが、素材にうるさい人間が作るものですから恐らく悪いモノではないはずです。そこへきて金儲けには縁が無いということを悟っていますのでユーザー目線では好都合ではないかと・・・。まぁ業界からするとたちの悪い野郎だと想像します。ただこれオイルというものが全盛の時代ならとっくに葬り去られたのでしょうけど幸いにして縮小傾向の真っただ中ですので助かっているのだろうなと自分では思っています。

で、以前にも書きましたがこの仕事としての最終目標は素材メーカーになることです。しかもそんなに欲はなくて1種類かそれに付随する何種類かで十分だと思っています。もちろん技術的にも資金的にも簡単なことではないのですがそれだけでご飯が食べれればよいなという理想を描いています。ビルを建てようなんて野望はありません^^;。というかもう時すでに遅しですし。

ふと我に返った時に、労働人生というのは多くの場合22歳から65歳くらいだと思うのですがそれを日数で換算すると約15700日くらいで、僕の場合あと10年くらいとしたら3650日しかないわけです。これが30歳からの3650日なら夢がありますが55歳からの3650日ですからあまり夢がないですよね(涙)生きていない可能性だってあるし。だからそういう意味では焦っているかもしれません。でもSP忠男の鈴木忠男さんみたいに70歳を過ぎてもバリバリの現役でありたいなぁとも強く思います。なので何かひとつでいいから自社の名を冠する素材を残したいと思っています。

もちろんそれまでにオイルで色々やらかすと思いますのでどうかお付き合いください。人生悔いのないようにやりたいですね。

 若い人には守りに入らずにチャレンジして欲しいなぁと思います。せっかくの人生ですから。勿体ないですよ。若いって何よりの強烈な武器ですから。これを活かさない手はありません。あ、あと健康であることも大切です。どうかお身体をご自愛ください。

セールと言いますか早割りとしましょうか。日付が変わってもご注文が続くので延長しました。今後は年末年始の福袋とかは実施しないことにしました。というのも3日間くらいのセールの納期が半年もかかっていたのでは商売としては半年を棒に振ることになりますしもうそんなにお待たせすることに僕自身も耐えられないので今後は小出しにして納期を2か月前後に抑えれるようにします。結果的にはおなじことですから。すなわちいつ来ても何らかのお得があるという事です。ワクワクするお店作りを目指します。

それでは今日はこの辺で失礼いたします。 
# by narrowde | 2019-11-02 00:39

TRUTHがシリーズ化!!0W-20と0W-30をリリース!

 こんばんは。沖縄の首里城火災や北朝鮮の弾道ミサイルといい物騒な一日でしたね。10月も今日で終わりかぁ・・・。早いですね。時間が過ぎるのが。おいおいって感じですわ。

さて、ヤフオクですが、今月はTRUTH5W-40のみの出品となっておりました。実は価格を上げました。即決で12500円ですが実はこれでも・・・です。SSI仕様に統一したのでなおさらです。TRUTHの役割は超マイナーな当社のオイルの唯一の広告塔的な役割を果たしているわけです。そんなTRUTHをなんとシリーズ化することにしました!!

もちろんフルエステル+Comp-1の黄金比=5%でやっちゃいます。価格も統一となります。5W-50も考えなくもないのですがこの価格では無理過ぎるので断念・・・。運よくホームページにたどり着いた方にはその他の珠玉のオイルたちが待ってます!ってことでご了承を。

フルエステルというと多くの方には誤解を与えやすいのですが超高純度のPOE’ポリオールエステル)と思って頂けますとわかりやすいかと思います。ベースオイルにフルにエステルを使用しているという意味ではありません。うちの場合は当初から最低でもグループⅢベースということでやっており、グループⅢベースのオイルをどれだけブラッシュアップするかを命題に取り組んでおります。もちろん例外としてフルPAOや一部PAOという商品もあります。フルPAOでのフルはこれはベースオイルに全てPAOを使用しているという事を当店ではそう言うことにしております。まぁ正直に公表するという意味合いを込めてTRUTHトゥルースと名付けた由来があります。真実というオイルです。

そしてもちろんTRUTHシリーズは全てSN-PLUSベースとなり、0W-30と5W-40はVMにまで拘ったSSI仕様のベースを採用しております。いわゆるオリジナルというわけです。


# by narrowde | 2019-11-01 01:38 | エンジンオイル

MoDTCを解読するとわかること、久々のBクラスコラム

 こんばんは。昼間は結構暖かいのですが朝晩は冷えますね・・・。皆様どうか体調を崩さないようにしてくださいね。さて。再開したホームページですがご注文が凄いことになってます(汗)どうか皆様焦らないでください。そんなつもりはありませんので。

さて、今日は久々のオイルコラムというか雑学といいましょうか。ちょうど現在開催中の素材祭りで出品中のMoDTCについての読み解き方を説明してみようかと思います。MoDTCって何?という人にもわかるやうにww。なので難しいことは書きません。

MoDTC・・・モリブデンジチオカーバメート(カルバメートとも)
最も代表的な多機能添加剤としてあまりにも有名で、効能としては特に摩擦調整剤、酸化防止剤、耐摩耗性、極圧剤としての多面性のある添加剤です。我々の間では「有機モリブデン」とも言いますよね。

有機って何?かと言いますとこの世界では油に溶けやすいということを意味します。逆に無機(正確には無機化合物)とは油に溶けないということです。よく間違えるのは二硫化モリブデンと間違える人が多いですが二硫化モリブデンは無機となります。要するに金属(Mo)です。

では読み解いてみます。

MoDTC・・・Molybdenum-Dithiocarbamateの略です。冒頭のモリブデンジチオカルバメートの他にはジアルキルカルバミン酸モリブデンとも言います。ここでは割愛しますが化学的な呼称の決め事があります。

MoDTCはモリブデンと硫黄(S=サルファー)で構成されています。MoDTCのMoはモリブデンであることは容易にわかります。

じゃあ硫黄のSはどれ?となりますよね。ここではDitho(ジチオ)これが硫黄という意味です。最後にcarbamateですがこれはカルバミン酸のエステルであるということを意味します。化学では末尾にate(-ト)が付く場合はほとんどの場合エステルを意味します。

ここでもうひとつ重要なフレーズがありまして、皆さんもよく耳にする「アルキル」というフレーズ。これはアルキル基のことで簡単に言いますと「飽和」という意味です。不飽和より飽和のほうが安定しているのだなという事は何となくわかるかと・・・。ここでは耐熱性が高いということを表しています。そんな感じで読み解くことが出来ます。

難しく書くとちんぷんかんぷんになるので端的に訳しましたけど応用が利くと思います。例えばこれも出品していますがZnDTPなんかにも応用が利くかと・・・。是非やってみてください。面白いですよ。

 ちなみにMoDTCとZnDTPは相乗効果があります。ただ配合割合は守ってください。これらに限ったことではありませんが特に微量(0.何%とか)の指示があるものはそれ以上入れても意味がありませんし化学では逆効果になることも大いにあります。そして既に同様の添加剤が配合されている場合はもちろん追加の配合量は表示より少なくて済むわけです。プラスマイナス法で適宜配合されてください。ただ入れ過ぎたとしてもスラッジになることはありません。特にエフェクターCompと併用するようなばあいは清浄分散性が高いCompですので全く問題ありません。ただコストが勿体ないだけです。

くだんの小冊子はいつ販売するの?というお声を多く頂きますが、先日も書きましたが「note」というサイトを利用して課金制にして書いていこうと思っています。今日書いたようなことは小学生程度の事ですが高校生程度くらいのことまで書くつもりです。でも一般的には難しすぎて役に立たないかもしれません。オイルで飯を食おうと思っている人には1億円くらいの価値を生むのではないかと想像します。

ですが僕自身がまだ正直高校生レベルなのです(涙)でも大学生とかそれ以上のレベルの人でもご飯が食べれるか食べれないかという世界です。そんなに甘くないんですね。この世界。好きだからやれるくらいの事ではないかと思います。

それとやはり知識だけ身に着けても実際にやるとなると青天井で資金が必要です。なので僕はとんでもない世界(業界)に足を踏み入れたのだなと常々思っています。一番良いのは自分で買えるほど購入して楽しむのが一番だと思います。そういう意味で僕は素材を販売させていただいています。実際に結果が出ると思いますので好きな人にはたまらないのではないでしょうか。

僕はオイルを作る時間も欲しいのですが勉強する時間がもっともっと欲しいといつも思っています。なので常時睡眠不足です^^;。ただ楽しくてしょうがないです。残念なのは歳をとってしまっているということ。あと何年出来るかわかりませんがどうかそれまでのお付き合いをどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m 
# by narrowde | 2019-10-31 00:46 | Bクラスオイルコラム

Log-OILって難しそう・・・いえいえ^^;

 こんばんは。毎週末に襲ってくる大雨・・・。異常気象ですね。地球温暖化の影響がいよいよ深刻化してきました。マクロではなくもはや一人一人が些細なことでもかまわないので意識をもつことが大切だと痛感しています。それだけでもちりも積もれば大きな力になるはずです。僕も色々と勉強を始めています。

千葉県にお住いの方々は大丈夫なのか・・・と報道を読むたびに心が痛みます。東北のほうも大変なことになってますね。言葉がありません。ただその裏では不法に森林を伐採して儲けている企業があります。オランウータンの住処がなくなり絶滅の危機に瀕しています。僕らの業界でいうとパーム油。すなわちパーム由来のエステルです。これはまずい状況だと思います。もちろん工業や食用でも多様されています。の日常に溶け込んでしまっています。

そのうち炭素税というものが導入されるようです。二酸化炭素を多く排出する企業に課される税で、これにより企業が本腰をいれるそうです。またこれに取り組まない企業には銀行が融資をしなくなるそうです。ただこの融資に関しては僕は懐疑的で銀行は融資先が無くて困っている状況ですから実現は困難だと想像します。でも炭素税の導入は大いに歓迎です。僕たちは厳しくなりますが世の中が良くなるのなら全然OKです。

 さて、話の本題です。Log-OILって難しそう・・・、高そう・・・。どうやってオーダーするの?というお声を多く頂きます。関心を持っていただきまして嬉しく思います。実はそんなに難しく考えるものではなくて、Log=記録するのは何の為か?と言いますと真っ先に僕自身がわかるようにするためです。病院でいうところのカルテです。これがないと患者が診れないですもんね。ただこれがあると即対応出来るという大きなメリットが僕自身にあります。だからLog-OILって高いオイルというイメージではなくて個々の希望に応じたオイルという認識でお願い出来ますとわかりやすいかと思います。僕はどのオイルも1缶づつ作っていますので手間が少し増えるだけなんです。もちろん材料代はかかるのですが手間賃は頂きません^^;。

で、どうやってオーダーするのか?と言いますと先ずはラインナップのオイルを使って頂くことから始まります。例えばそれがRIZEシリーズであっても十分です。もちろんRIZEでOKとなればそのままお使いいただければよいのですが、もっとここをこうしたい、こんな性能が欲しい、こんなフィールにしたいというものをメールでご相談頂きましたらそれに応じて味付けさせていただきます。そしてその内容を専用の紙媒体に手書きで記録してお客様と共有するのです。レースをされるお客様だとこれが本当に役立っていて僕にとってのフィードバックにもなっています。もちろん日常におけるご使用でも十人十色ですので個々のご要望は絶対に出てくると思います。それに柔軟にお応え出来るのが当社の強みと言えます。しかもそんなに高くありません。「安いね」とよく言われます。

うちのオイルはどれも考え抜いて作っていますので日常使用で困ることはあまりないと想像しますが、エンジン特有の病気とか癖とかが多くの場合ありますので一緒に解決していければと思っています。ただこれも昔から言うのですがメカ的なダメージはオイルで対応するのは限界があります。なんでもかんでもオイルで解決できるわけではありません。それならメカニックは要りませんからね。

それからちょっと変わったところでは「お手持ちのオイル復活作戦」なんてことも可能です。車両の変更等で使わなくなったオイルを使えるように出来ないか?なんてこともご相談に乗れます。ただガソリン用オイルをクリーンディーゼルにというような場合は難しいですけど^^;。何なりとご相談ください。

というのも僕はモノを大切にするタイプの人間ですので眠っているオイルたちがかわいそうになったりします。オイルって捨てるのも難しいですし救済の意味も含めて再び活躍の場を与えてあげることが出来ればと思っています。

次回は久しぶりにネタと言いますか素材に関する解説をしたいと思います。最近は愚痴ってばかりなのでたまには為になることも書かないと・・・。僕はこの世界が大好きで仕事が忙しいというのとは別についつい夜更かししてしまいます。もう楽しくて仕方がないんです。納期という面では皆様に多大なご迷惑をおかけしていますがそれを除けば僕はとても幸せで充実した日々を送れています。

最後にチュートリアルの徳井さんの脱税事件の件ですが、これはこの国における税教育の問題を露呈していると思いました。小学校の頃から税金について授業で取り上げたりすれば中々起こり得ない事案ですね。国民の3大義務のひとつですから。ただ芸能人とかスポーツ選手とかはそればかりやってきた人たちなのでどうしてもこういう事には無知になると思うんですよ。なので気の毒と言えば気の毒ですが徳井さんの場合は税理士がうんこだったと思います。というか税理士ついてたのかな・・・。まぁでも金額も大きいですよね^^;。こりゃやられて当然ですわ。

税に強い奴って生きていく上ではめちゃ有利だと思うのですが悲しきかな僕は無知ですわ。オイルに関する勉強は全く苦にならないのですがこういう勉強は全くしようとしません^^;。皆さんは勉強してくださいね。僕は子供にも税の勉強を進めるつもりです。それでは今日はこの辺で。   
# by narrowde | 2019-10-26 21:13 | エンジンオイル

ホームページを再開しました!!

 こんばんは!!またまた台風が接近していますね・・・。しかも二つも。この時期はどうしても仕方がないですが爪痕が癒えないまま次々と襲ってくる自然の猛威になんとも言葉がありません。そんな中不躾にもホームページを20日振りに再開しましたことをどうかお許しくださいm(_ _)m

やっとか!というお声も聞こえてきそうですが焦ってはいないのです。ただ今回はRIZEをはじめ「秋の素材祭り」や「めっちゃセール」のコーナーに新商品が目白押しです。今回はこの二つのカテゴリーに集約しておりますが、前もってご報告させていただきますと会員登録されているお客様のみが閲覧できるようになっております、何卒ご了承くださいm(_ _)m特に素材系は対外的にデリケートな商品ばかりですので・・・。

 以前に販売していたMoDTCやZnDTPに至っては業界内において当社に卸すなというかん口令が敷かれているようでいやはやなんとも・・・。苦しい立場におかれておりますです(涙)この業界は特に商流ということにデリケートで私のようないわゆる部外者は邪魔者扱いというわけです。なので私自身かなり苦労して入手しています。まぁいまに始まったわけではないので慣れっこですけども。世知辛い業界ですわ。

 RIZEはもはややり過ぎてしまっており・・・Tuataraまで入っているので全粘度統一教会・・・いえ統一価格リッター換算550円としました。assenもリッター換算700円に統一しました。いずれにしても世界戦略商品であり破格です。ワークマンじゃないですが太刀打ち出来ない内容であると自負しております。これが大量生産&即納なんてことになったらもう・・・。悲しきかな無理ですけど。

魅惑の素材群ももちろんですが今回の大目玉はステラ4T7.5W-45Rと2輪専用のエフェクターCLT-8、そして4輪専用のエフェクターSENSEの3点と言っても過言ではありません。ステラ4T7.5W-45Rは4T2輪用オイルのこれからのメインモデルとしての位置づけで開発しました。これには同時発売のCLT-8の技術が盛り込まれておりさらにはTuataraやANまでもがふんだんに配合されております。またCLT-8は湿式クラッチを意識した高μなエフェクターでフリクションディスクに化学的な凹凸を発生させて高いトラクションを得ようというものです。もちろん潤滑性も担保しつつです。僕が最も作りたかったオイルがやっと実現しました。しかも初回モニター特価です!!

 そして逆に4輪専用としたエフェクターSENSE(センス)は即効性と持続性を意識した最新のフォーミュレーションであり、今回新たに入手した高濃度有機モリブデンM-075を採用しております。MPA,Comp-1、アルキルナフタレン、さらにはTuataraまでをも効率よくブレンドしており、全方位対応のエフェクターに仕上がりました。街乗りのシビアコンディションからサーキットまで幅広くご使用頂けますし結果が出ます。また即効性がありますので初めての方にも直感的にご使用いただける仕様となっております。感覚を大切にしてほしいという意味でSENSEと名付けました。

以上どれをとっても初回モニター価格でお求めやすくなっております。それから前回お伝えしましたようにRIZEとassen以外は増税に伴う価格の変更を行っておりません。以前の価格のままとなっております。それに加えて今月末まで15%OFFとさせていただきます。どうしても納期がかかってしまうお詫びです。また旧来の定番人気モデルにももれなくTuataraを奢っています。放置ではなく着実に最進化アップグレードしておりますのでどれをとってもお客様にとっては損のないオイルとなっておりますことをご周知頂きますよう告知いたします。

最後に今後の展開ですが、エンジンオイルにおいては究極の自己満足シリーズであるOWRシリーズをいつの日かリリースする予定です。OWRの意味はまた後日熱く語らせて頂きますが前例のない高額なオイルになると思いますので売る気のないオイルと思って頂いてかまいません(苦笑)売れないと思っています。うちとしては非現実的なオイルです。未だ材料すら調達出来ていない状況です。

それからお待たせしているギアオイルをリリースするための製造設備を導入します。完全な内製化を図ります。それからひまし油ベースの2サイクルオイルもリリースします。カストロールのR30やA747を髣髴とさせるひまし油ベースとなります。ご期待ください。

なんだか歩みが止まらない感じですがスタッフの増員予定はありません^^;。今日は日本GP決勝ですね!!マルケスが強そうですがヤマハのサテライトが凄いですね。もうワークスとの境が無くなっている感じです。僕はHuluで観戦したいと思います。ロッシも頑張って欲しいです。それでは!!
# by narrowde | 2019-10-20 00:54 | オンラインショップ


エンジンオイルや表面処理、モーター関連に関するコアな情報をお届けします^^v


by narrowde

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

最新情報ですよ(^0^)V

エンジンオイルやウエットブラストをはじめ当社の取り扱い商品が購入できるオンラインショップが遂にオープン!!貴方に最適なオイル選びとハイクオリティウエットブラストならぜひ当店へ!



オイル相談室
のフォームを設置しました。お気軽にご利用くださいませ。



当社に対するあらゆるお問い合わせは、お気軽にメールはこちら
までお問い合わせ下さい。




カテゴリ

全体
エフェクタールブ
ホームページ
オンラインショップ
Bクラスオイルコラム
エンジンオイル
Starkシリーズ
ウエットブラスト
オイル雑学
セールSale
バイク

未分類

フォロー中のブログ

【匠のデジタル工房・玄人専科】
Psychederhyt...
近藤岳志の建築設計日記

ライフログ