私は大丈夫です(^0^)V

 こんばんは。昨夜はブログで変な終わり方をしたのでご心配をおかけしたみたいで申し訳ありません。このところちょっと寝不足もあって体が異常に重かっただけです。ただ帰宅してみたら愛娘も眠れないみたいだったので明け方までつきあってやりました。そんなこんなで本当に充実した日々を過ごさせて頂いております。

私なんかが書いていいか迷ったのですが小林麻央さんのご冥福をお祈りいたします。先日までブログを書いていた人が今日はもうこの世におられない・・・。いつも思うのですがインターネットって残酷ですね。小さいお子様を残して無念だったと想像します。私もまだまだ頑張りたいです。ただ、いつかは誰にも訪れる死という現実は悲しいですが受け入れなければならないんだなぁと思います。しかし辛いっすね・・・。最後まで強い親を貫いた若いお母さんの麻央さんを見習わなければ。

 生きていると色々と辛い事や理不尽なことも多々ありますがまぁそれも生きている証だと思って楽しんだほうがいいかなぁと思います。多分それらは人生の1ページに過ぎないしきっと些細なことなんですよ。かっこつける必要なんてないんですよね。

ただ先日ちょっとショッキングなことがありましてね。恐らく40代前半くらいのお父さん二人と一緒に歩く機会があったのですがその二人の歩く速度に付いていけなかったんですよ(涙)なんともねぇ・・・。足に来てるんだなぁと思いましたね。上半身は負けてないと思うのですが(苦笑)

こんな真夜中にくだらないことばかり書いてすみません。ところで同業者も舌を巻く当方の素材群ですが、せっかく発掘しても手に入らない(売ってもらえない)ケースが本当に多いんですよ。そんなのと日々格闘(楽しんで)しております。通常の企業は材料をいかにケチって儲けてやろうかと考えるのが普通ですが私の場合は真逆でどんだけ良い素材を導入してコストを下げるかというのと戦っておりますので本当に楽しいんですよ。おっとまた自慢話みたいになるので今日はこの辺で失礼します。
[PR]
# by narrowde | 2017-06-24 01:16

営業マンは取引の要(かなめ)いわゆる花形なのです

 こんばんは。いやぁ!やっぱり「一刻」さんのラーメンは美味いっすわ~。皆さんはラーメンは何味が好きですか?私はもっぱら味噌派です。カップ麺だと「ラ王」の味噌が美味しいなぁと思います。不味いラーメン屋で食うよりよほど美味いです^^;。

今日はG社の営業さんがご来店されたのですが、実は今回担当が変わられまして、引継ぎ後初めてのご来訪だったのです。主要な取引先の担当者が変わるのはかなり痛いのですが、特に前任者が良かった場合などは最悪の事態を招きます。それほど担当営業というのは大きな存在なのです。そう思いません??例えば銀行の担当者が変わったりしたら痛いですよね・・・。私の場合はそれ以上に取引先(仕入れ先)の担当者が変わるのは大変なんです。

ただ営業マンも人間なので相手側からしても私が苦手な場合も多々あるわけで、お互いのフィールが合わないと中々スムーズな取引きが難しい場合もあります。そういう意味では新しいG社の担当さんはフィールばっちりでこれからが楽しみだなぁと感じました。当店の移転の件もかなり御心配頂いている様子で開口一番その件でした。この件では皆さんにご心配をおかけしており申し訳ありません。

G社さんといえば車種別のラインナップがあるじゃないですか。あれはね、本当にそうだと思うんですよ。オイルを作っていたらわかるんですけど、その車種(要するにエンジン)に合わせたオイルが作りたくなるというか必要に迫られるんですわ。もちろんそれにはプロショップをはじめ、乗り手側からのデータどりも欠かせません。例えば、ロータリーを専門にやっているショップさんなんかがロータリー専用のオイルをリリースするじゃないですか。そういう要望にも応えられるのがG社さんでありおこがましいですがうちなんかも対応可能です。

うちの出品欄にたまに〇〇様オーダーオイルというのがあると思うんですがあれなんかまさにそうです。残念ながら内容は許可なく明かせませんが、そのお客様とのデータがあるので定期購入して頂いておりますし、品質もそれに合わせているので安定しています。ただこのシステムは特に高価なわけではないのでどなた様でも対応出来るものです。もちろん貴方様のオリジナルとして販売頂いても全く問題のないものです。こういった小ロットでの対応って中々ないですしあっても高価ですのでお気軽にご検討ください。あ、ただお時間は少々かかってしまいますし内容を煮詰めて頂く必要はあります。例えば国内にあまり流通していない車両のオイルなんてニッチで需要があるかと思います。なにしろ皆様それぞれがその車種の専門家のようなものですから商機は常にあるかと想像します。当店のシステムがその契機になれば幸いです。

今日はちょっと体調がすぐれないので帰ろうかなと思います。歳ですかねぇ(涙)それではまたです。
[PR]
# by narrowde | 2017-06-23 00:32

どのあたりのオイルをターゲットにしているのですか?

 こんばんは。夜は冷えますねぇ。雨はこちらは大したことなかったです。昨夜から未明にかけてのみという感じでした。もちろん降らないほうが私には好都合です。

私事であれですが、常々ここでも書いておりますが本当に通信機器に縁がなくて・・・。先日買い替えた初めてのアンドロイドスマホですが使いにくいのなんのって。これ本当に日本製かよ?と思える操作性の悪さに落胆しているのであります。そこからするとやはりiphoneは秀逸だったのだなと振り返っている今日この頃です。私みたいな無頓着な人間はガラケーでもいいのかもしれませんね^^;。スマホ向きじゃないのかもww。

さて、そんなことはさておき、御社のエンジンオイルはどのメーカーのオイルをターゲットにしているのですか?という御質問が最近多いのですが、私自身2輪の業界にもう四半世紀近く身を置いておりますし、オイルマニアというわけではなく仕事として必然的にオイルを選択する必要があったのでそのうえでのお気に入りのオイルというのは当初はもちろんあったのですが、こういう立場になった現在では特にそういうのは無くなりました。あの素材が使ってみたい!とかいう欲求は常にあるのですが、例えばA社のようなオイルを作りたいというのは無いです。例えばメジャーT社なんかは研究者だけでも200名いるわけでしょう・・・。鼻から勝負にならないじゃないですか(苦笑)

ただ、全メーカーが全配合内容を公開してくれたら面白いのになあとは想像します。そうなると全く商売にならないのでしょうけど。まぁそんな世界であーでもないこーでもないとやってるわけですから、例えば数値(各試験)で表すことは簡単なのですが、千車万別、十人十色ですから最終的に判断するのは使い手であるお客様であるという結果に私は達しているんです。だからうちのオイルが最高なんて言いませんし、他社様のことをどうこう言える立場にもありません。お客様がお客様の車両で感じることが全てです。それは走り出してすぐにわかることもあれば限界走行をしなければわからないこともあります。

それらすべてに対応するには現在のラインナップでも少な過ぎると私は思っています。エフェクターのラインナップが増えているのもそんな背景です。素材系はまぁよければどうぞ。ってな感じです。突き詰めたいという方には外注ラボもありますし。おおよそなんでも可能です。

明日(今日)はG社の営業さんが来店されるので今から楽しみです。最近G社あまり売ってないから怒られるのかなぁ・・・。ギアオイルだけは凄く売れていますけど。これしか出品してないですもんね(汗)何か面白いお話が聞けたら紹介しますね。でも割とピー音ネタが多いんです。それでは今日はこの辺で
[PR]
# by narrowde | 2017-06-22 00:31 | エンジンオイル

地震・・・

 こんばんは。このところ本当に更新頻度が低下しており申し訳ありません。それより先ほど豊後水道を震源とする大きな地震がありましたが周辺地域にお住いのお客様のことを心配しております。さらなる大きな地震の前触れでないとよいのですが。また地震ではないですがこちらも夕方から雨が降ってきました。梅雨なのに降らなくてラッキーだなぁと思っていいましたが、明日(今日)は今年一番の大雨とのこと。災害クラスらしいので気を付けなくては。なんでもそうですが一気にドバーっではなくて平均的に降って欲しいですね。

先日アメリカ軍のイージス艦の衝突事故がありましたが、あれほどのレーダーを搭載した戦艦の横腹にタンカーが突っ込むなんて衝撃でした。対空システムは強固でも対船には脆弱だったとは・・・。ちなみにF22ラプター戦闘機は対空では最強ですが地対空ではあまり強さを発揮出来なくて、さらに地対空での強さも兼ね備えたF-35が先日日本でも初号機が完成されたそうで、え?日本製?と一瞬思いましたが組み立てを日本で行った分の初号機だそうです。加えてアメリカで行われている同機の訓練飛行では相次いでパイロットが低酸素症を訴えているそうで、中々おいそれとは行かない最新鋭の戦闘機だなぁと思いながら記事を読んでいました。まぁでもこんなモンスターが実戦で使われるようなことがあってはいけませんが。これのパイロットによるとどんな戦闘機や追尾ミサイルからも逃れる(やられる前に撃破する)だけの絶対的安心感がこのF-35にはあるのだそうです。

 これらの戦闘機のジェットエンジンには一体どんなオイルが使われているのでしょうか・・・。まぁググればすぐに判る事ですが、もうちょっと深い部分も含めて近く記事にしようと思います。ご周知のように主にはエステルが使われるのですがこれも本当に種類が多くて。でも航空機の分野ではそんなに新しいものではなくて歴史は古いのです。そういう意味では自動車のエンジンオイルはかなり遅れている印象ですが、コストのかけ方がそもそも違いますものね。でも高けりゃいいってものでもなくて、環境面等への配慮も当然必要なわけで、そんな絡みも大いに関係しているのです。環境なんて度外視すればかなり凄い素材はいくらでもあるのですがそんなの怖すぎますよね。

私も含めてここの皆様(ほとんどの皆様も)も大いにコストも追及されると思いますので、くどいようですが限られたコストの中でのベストを追い求めてまいりたいと思います。それにしても「この価格でその内容はすげぇ!」と思われるような商品づくりを常に心がけます。他業界によくある「ガックリ・・・」な落とし穴は当店にはありませんのでご安心ください。

あ、そうそう。先日安来市で唯一となってしまったファストフード店の「すきや」に初めて行ったのですが「うな重」を注文してみましたがこれが中々美味しかったです^^;。もちろん中国産のうなぎだと想像しますがうなぎには違いないわけで、穴子ではないので嘘はありません。山椒も付いていてぬかりなかったです。意外にも感動しました。やるじゃねぇか!また行こうっと。それからこれは超ローカルな情報ですが当店の近所の超人気ラーメン店「一刻」さんがお隣の米子市に早くも2号店を展開されました。ただ現在スタッフ不足でフル営業ではないそうです。凄い勢いだなぁと思いました。それからそれから先週JR安来駅前にこれまたラーメン屋さんがオープンしまして昼は長蛇の列!!安来市の国道9号線はラーメン激戦区なのです。不味いと無情にも半年持ちません(汗)エグイ世界ですね。それでは今日はこの辺で。
[PR]
# by narrowde | 2017-06-21 00:51

何かを配合した時点で規格外となるという事実、でも・・・

 こんばんは。今夜は店の前(国道9号)と店の後ろ(JRの線路)で夜間工事が行われております(汗)まるで私に早く店を空け渡せと言わんばかりに工事が進行しているわけです。ちなみに両隣はすでに引っ越しを完了しておりますが私は未だ何一つ手を付けていません。なにしろ移転先すら未だ見つかっていないのですから・・・。これはマジで危機かもしれない。人生にはこんな意に反した危機というのもあるんですね。最悪の場合はシェアさせてあげるよという親切な地元の企業様もおられるのですがさすがにそこまで甘えるわけにはいきませんし。あらゆる手立てを想定はしているのですが最低でも廃業は避けなければという思いです(苦笑)呑気だなぁと言われるかもしれませんがこのプラス思考というのは天性のものだと思います。仮に会社員だとしたらリストラを宣告されているようなものですもんね。若干の焦りはあるもののビビってはいません。だって私は悪くないですから。ただ淡々と日々の仕事をしているだけですもの。

 潰れたガソリンスタンド跡地がいいんじゃないの?というお客様からのお声も多いのですが、それが無いんですわ^^;。あれば苦労はしないんですけどね。少し前は結構あったのですが一気に更地になってしまってます。格安の物件もあったんですけどね。機を逃しました。でもガソリンスタンドって敷地は広いけど建屋はそうでもないんですよね・・・。

まぁそんなことはさておき、当店の販売しているエンジンオイルは市販のオイルにエフェクターを配合しているという事を先日お伝えしたのですが、あるお客様からそんなことをしたら本来配合されているDIパッケージが薄まるのではないのか?という御質問を受けました。これはMOD-Lube販売当初に稀にあった質問ですが、あれから5年以上経って久々に来た質問です。まぁ新しいお客様ですから当然の疑問と言えます。

DIパッケージというのは添加剤メーカーが各規格に沿わせる為にであらかじめ調合した必須添加剤のことで、そのレシピどおりに基油やVIIと配合すれば容易に規格に沿ったオイルを作ることが出来るパッケージ型の添加剤です。これもその種類は星の数ほどあるわけですが、その構成内容の大半は溶媒としての鉱物油で残りの大半は清浄分散剤が占めるんですね。対してエフェクターの場合はこれは私自身が独自に調合したオイル改質剤であって最初期モデルのComp-1でもその機能は実に多彩(多機能)なわけです。それは既に皆さまもご周知頂けていると思います。

これも販売当初にわかりやすく表現するために用いたのですが市販のエンジンオイルをカルピスウォーターとするならばエフェクターはカルピスの原液のような感じであるということです。これなら薄まるという雰囲気にならないでしょう??懐かしいフレーズですね。

ただパッケージ添加剤は規格に適合させる為に作られたものですので、これに何らかの物質をプラスした時点で規格外のオイルとなることは言うまでもありません。なので当店のオイルは規格外となるわけですが、そこは素人ではありませんので、その規格の肝となる要素は外していないわけです。むしろその要素を伸ばす努力をしています。なので良い意味での規格外というわけです。これも私がごちゃごちゃ言うよりもこれまでの実績が論より証拠だと思います。

 当店のオイルを求めるお客様のほとんどは市販オイルに満足されない方がほとんどだと思います。もちろん次にコストという面もあるのですが当店のオイルがただ安いだけのオイルだったらリピートされませんよね。マニア向けであり万人向けではありませんが。

これも当たり前のことですが私は規格に精通しています。規格の互換性等も当然わかります。まぁでもこんなことはメーカーの営業レベルの話でして、技術レベルの話ではありません。でもユーザーとして規格に精通していたらそれは物凄い武器になりますよ。ものすごく有意義なお金の使い方が出来ます。そういうアドヴァイスをオイル相談室では行っているわけです。せめてご自分の愛車に関する規格にだけでも詳しくなって頂けますと幸いです。

先ほどDIパッケージの大半が清浄分散性分と書きましたが、例えば基油としてのエステルってそれ自体が高い清浄分散性がありますし、FMにもなります。その実、清浄分散剤そのものがエステルだったりするわけです。エステルと言っても実に広義でして、ブログなんかで書ききれるものではありませんが、私が基油として販売しているPOE(ポリオールエステル)ひとつとっても実に広義なのです。星の数ほど種類があるんですよ。ネット上でヒットするものなんて氷山の一角に過ぎません。

最後にこれも昔からよく書くのですが、私はアバウトな進言は出来るのですが、ご自分のクルマに最も詳しいのはお客様ご自身ですので、各エフェクターや素材の追加配合等は最終的にはお客様がベストを探って頂くことになります。メールだけで「はいあなたのお車はこれを何%ですね」とか言えませんので(涙)これはうちの商品に限ったことではないと思います。私から言えるのはとにかくFUN(楽しんで)くださいということです。お客様の中にはなんと独自ブランドを作っている人もおられるのですよ。まさに理想的と言えます。

ようこそこちら側へ!それでは久々に長々とすみませんでした。おっさんは文章が長い(くどい)というのがティーンエイジャーの印象だそうです(涙)わたしなんかはその典型的なおっさんですね^^;ではでは。   
[PR]
# by narrowde | 2017-06-17 01:10 | オイル雑学

次なる目標は安定感(イメージ)作り

 こんばんは。昼と夜の温度差が激しく体調管理が難しいですが皆様お元気でしょうか。どうかご自愛くださいませませ。

さて、わたくし常々お求め易さと品質の向上に注力しているのですが、これは昨日今日で達成出来る目標ではない目標というのがあるんです。それは安定感です。安定感=安心感かな。例えばトヨタで言えばクラウンのような。レクサスではなくクラウンという抜群の安定感、存在感。そのブランドの絶対的存在というかそういうものを築くのが最終的な目標なんです。

実は先日ドラッグストアに傷薬を買いに行ったのですが近年はバンドエイド等のテープ式が凄く高機能になっているせいか軟膏タイプの傷薬が少なくなっているんですかね。そんな中、特にPOPも表示されていないにもかかわらず抜群の存在感を放つ2つの商品が目についたんです。それはメンソレータム(現在はメンターム)とオロナインH軟膏でした。子供の頃からの定番中の定番です。しかも安い・・・。思わずワオ!と思いました。圧倒的な歴史と実績からくるこの安心感というか信頼感。そしてなおかつお求め易さ・・・。化粧箱の上面には「家庭の常備薬」と書いてある。すげぇキャッチフレーズというかもはやキラーフレーズというべきか。参った。トヨタのクラウンは安くはないけれどそれだけの価値があるクルマだしかなりの旧型でも長く乗り続ける人が多い。こんな車は中々無いと思う。それと同じものを感じたのです。

 これらを作り上げるのは長い歴史であり、歴史は何にも勝るコマーシャルなんですね。私の座右の銘は「唯一無二」なのですが、もうひとつ好きな言葉は「継続は力なり」という言葉が大好きなんです。うちのようなちっぽけな会社でも継続していくことに意味があるのだと常に自分に言い聞かせています。それは仕事だけでなくこのブログもそうで、しょうもないブログでも続けていくことに意味があると思っています。そのかわり私は色々出来ないタイプなのでツイッターとかフェイスブックとかは同時には出来ません(涙)インスタグラムは面白いかなぁと思うのですが中々手がつけれませんし(苦笑)もちろん自分の画像なんて載せませんよww。

付け加えるなら「ひとつのことを継続することは力なり」とでも言いましょうか。常々言いますがそればかりやっている人(餅屋)にはどうやったってかなわないということです。

それからこれも個人的に教訓としている歌がありまして。それは中島みゆきさんの「宙船(そらふね)」です。これの歌詞こそ人生の教訓ともいえるものとして胸に刻み込んでいます。TOKIOがカバーしていますが中島みゆきって本当に凄いアーティストだなぁと感心するわけであります。

あ、そうそう。これは全く関係のないはなしですが、あのGU(アパレルの)がホンダとコラボしたTシャツをリリースしていますね。GUのTシャツは欲しくないですがうまいことやったなぁと感じました。他にもブルースリーとかもあって、私ら世代のオッサンにはグイグイくるコラボですわ。あれ売れるだろうなぁ・・・これなんてのは他人(他社)の歴史を借りて相撲を取るという好例でしょうね。商人ですねぇ!すげぇし。

 爪の赤を煎じて飲ませていただかなければ・・・。頑張ろう!!それでは失礼いたします。  
[PR]
# by narrowde | 2017-06-14 00:11 | エフェクタールブ

assenとLiseは混ぜてもいいのですか?

 こんばんは。昼と夜の温度差が大きいので体調を崩しやすいですが皆様はお変わりありませんでしょうか?どうかご自愛ください。

さて、今日のお題は何年ぶりに書くのでしょうかという感じですが、assen、Liseシリーズはブレンドしても問題ないですか?というお問合せというかお客様が自然に生じた疑問があったようですのでお答えします。

以下のオイルは市販ベースが共通ですので混ぜても問題ありません。

〇assenシリーズ(TTも含む)

〇Liseシリーズ

〇MOD-Lube-TRIBEシリーズ

〇MOD-Lube0W-30SP、5W-40、5W-50R

〇HTHS530R

〇TRUTH5W-40

〇ステラ4Tシリーズ

以上のオイルは全て同じ市販ベース(基油のことではない)を使用しておりますのでブレンドしても問題ありません。但しステラだけはComp-4Tですので触媒付きマフラー車種では使用しないほうが賢明です。

市販ベースって何?と思われるお客様は当店とのお付き合いが割と最近のお客様ではないかと想像します。当方のエンジンオイル群は全て市販のオイルにエフェクターを配合したものです。フルオリジナルというものではありません。ただその市販のオイルはご提供いただくメーカー様の承認を得たものであり何らやましいことはありません。ですので承認されたオイル以外にエフェクターを配合して販売することはありませんしご依頼も受け付けません。ただお客様ご自身がお気に入りのオイルに当社のエフェクターを配合して頂くことは自由でありそれこそが当社の理想でもあります。

当方の主力商品はあくまでもエフェクターシリーズであり、エンジンオイルや各素材等は本来であれば精力的に販売する必要のない商品ですが、年月と共にさも当社のオリジナルであるかのような存在となってしまっております(汗)注力している私も悪いのですが・・・。

当社のオリジナルはあくまでもエフェクターシリーズであり、気が向いた時にのみ販売するフルオリジナルオイル以外はオリジナルの商品ではないという事です。ただこのスタイルは自ずとそうなったもので、特に戦略的な商品群であるassenやLiseを見て頂ければわかるのですがリッター500円から600円(20Lの場合)です。それに対してベースオイル群やDIパッケージやVII粘度指数向上剤の素材のみとしての価格を比較してみてください。とてもそれらを組み合わせた完成品がリッター500円とは物理的になり得ません。ただ既に商品として販売されているエンジンオイル達はエステルやPAOが入っていないグループⅢ(VHVI)のオイルならばリッター500円以下で皆様でも入手が可能です。

価格という壁と常に戦う当店ではこれらを大量に仕入れることによって市販ベースを安く仕入れてそれらにエフェクターを配合することで価格の壁と向き合うことが出来ているのです。仮にフルオリジナルでLiseを作ろうとしたなら当社程度の扱い量ではリッター500円なんかではとても無理で1000円でも無理です。

まぁこんなことを馬鹿正直にやっている企業も稀だとは思うのですが、正直ラベルを張り替えただけで中身は同じオイルというのがこの業界の常識です。うちのようなスタイルでやっている企業さんがもう一件あるようですが。失礼ながら私はいまや他社様のことは全く気にしていないので関心がありません。ですので他社様の商品に関するお問合せにも一切お答え出来ないのです。当然ですよね、だって自分が作っていないので説明のしようがありません。わかり易く言うとトヨタのディーラーに行って日産GT-Rについて教えてくれとは言わないでしょう?それと同じです。でもそのほうがまだ答えられるかも・・・。

 安い物にはかならず何か理由があって、おおよそそれを知ってがっかりすることが多いのですが、当店の場合は私自身がそのガッカリが嫌な人間ですのでガッカリはありません。素材や配合割合まで記載しているエンジンオイルなんて他に無いでしょう?それプラス結果を出さなければならないわけですから全方向で戦っているというわけです。これほどの配合でリッター500円以下なんてオイル恐らく世界中のどこを探しても無いです。好きだからこそ成せるのです。しかも半端な好き加減ではありません。ど変態です^^;。もちろん皆さんもど変態な方々ばかりですが。

 私に商売の相談に来る勘違いな人達がいるのですが、100%の人が最初から利益重視で考えているんです。いやいや、そんなのいまのご時世じゃ無理だよと・・・。周知されるまでには損をしなければ駄目だよ(売れない)と言うのですが聞き入れようとしません(涙)ただし小売り業の場合です。他に無い技術なんかをウリにする場合は最初から利益重視で良いと思います。だって他に無いのですから高くても需要があると思います。

すごく悲しい現実なんですけど今や音楽でメジャーデビューしても食えない時代ですね。飲食業なんかも勝敗が早いです。厳しい・・・(><)もちろん私の業界なんかも厳しくなる一方です。先日トピックスで中国のEV車両がニュルの市販車最速レコードを塗り替えたというオンボード映像をみたのですが内燃機に対する危機感を初めて覚えました。これはヤバイなと・・・。

話が大きく逸れてしまいましたがいつものことですのでご了承ください。それから先日ここで紹介したLION製ANですが仕入れを試みたお客様から製造中止とのご報告を頂きました。事実ではない可能性が高いと思われます。そんな業界ですから。まぁまた為になる情報がありましたらお知らせします。私は常に前を向いて進んでいますのでご期待ください。それでは今日はこの辺で。 
[PR]
# by narrowde | 2017-06-11 01:00 | エンジンオイル

粘度依存型エンジンには化学合成油は不適か?

 こんばんは。なんだかブログが以前のように更新出来ていなくて申し訳ないです。一日が終わろうかという時に書くことが多いのですが眠いのが先行してしまい・・・。今朝なんて寝ようかと思ったらもう外が明るかったです^^;。若いなぁ俺。

公私ともに向き合うことが多すぎて一日が24時間では全く足りない状況ですわ。今日はなんでこんな時間に投稿出来ているかというと、さっき手を洗おうと思ったら水が出ない(汗)あ、そうだ今日は夜間の水道工事で断水の日だった・・・。仕方がないのでパーツクリーナーで油分を落としてパソコンに向かっているというわけです。今日は早目に帰ろうかなと。

 さて、今日のお題は私がオイルを売り始めてから悩みに悩み続けてる課題です。別に雑学というわけではないのですが例えばどんなに優れた化学合成油や素材を駆使しても中々問題が解決しないエンジン(車種)というのがあります。4輪のエンジンではほぼ解決出来るのですが2輪では排気量問わず本当に考えさせられるシーンが多いです。

特に高粘度を指定する旧車や外車の場合、化学合成油(グループⅣやグループⅤ)、全合成油(グループⅢ)ベースよりもミネラルベース(グループⅡ)のほうがやはり相対的に相性が良いケースが多い傾向にあります。絶対的なオイルの性能としてはもちろん化学合成油が圧倒的な性能なのですがそれだけではないんです。

ただ技術的にこれを解明しようとすると答えはもう明確で、一つは粘度依存ともう一点は・・・。メルマガで書こうと思いますww。というわけで課題は克服出来つつあります。そしてその結論的なオイルも近い将来リリースします。

それから先日も少し触れましたがLise、TRIBE,TRUTHをいじくろうとしているのですが中々・・・。というか我ながら本当によくできているなぁと改めて感心します。さすが代を重ねてきただけありますわ。やっぱりこれ以上を目指すと自ずとassenに行きつくんです。熟成されてきたんだなぁという感じです。

そのassenⅡですが「赤いですねぇ!」というお声が・・・。そうなんです。赤いんです。エフェクターとしてのassenⅡはもっと凄い色です。これも近くエフェクターとして販売しますのでご期待ください。

話題としては遅くなりましたが佐藤琢磨選手がインディ500で優勝しましたね。そのレースといえば同チームからF-1のアロンソ選手がスポット参戦したレースでして結果はリタイヤでしたが最後までトップグループで争っていたそうです。さすがF-1ドライバーですね。当初の懸念を払拭しました。

記事にまとまりが無くなってきたので今日はこの辺で失礼します。
[PR]
# by narrowde | 2017-06-07 00:04 | オイル雑学

assenに対する思い入れ

 こんばんは。今日は少し肌寒いですね。昨日は凄い雷雨でしたしいよいよ梅雨にはいるのでしょうか。これも私にとっては好ましくない季節です。まぁ寒いよりはましですが。寒いのは本当に苦手です。暑いのは割と平気なんですよ。

さて、やっと出品できたassenⅡですが、これは私の思い入れが過去最も強いと言っても過言ではないオイルです。自分に課した限られたコスト内での最大限の品質(クォリティ)という意味での理想形とも言えます。これまでの超戦略的商品であるLise、TRIBE,TRUTHもリッター500円以内のオイルとしては比類のない品質であることはいまや自他ともに認める事実でありますが、例えばホムセンに行ってリッター500円(4Lで2000円)で一体どのレベルのオイルが買えるでしょうか・・・。そこからすると企業努力がわかって頂けると思います。

ただこのリッター500円のオイルに対するお客様の期待値というのもすさまじいものがありまして、これをサーキット走行で使用される方も少なくないのです。また有名ハイエンドオイルと比較される方も多く。それはそれで喜ばしい事ですが、私としてはちょっと待ってくれよ・・・となるわけです。待ってくれよというのは、うちにはこれ以上のオイルもたくさんありますよという意味です。わずかリッター500円のオイルをもってしてうちの最高オイルと評して欲しくないという思いがありました。

それでもうちのエンジンオイルのラインナップで最も売れているのはLiseシリーズです。まぁ超戦略的商品なので売れて当然ですが。ちなみに超戦略的商品とはあり得ない価格で販売することによって絶対に売れる=知名度が上がるという戦略です。別に知名度などどうでも良いのですが商売をしている以上は商品が世の中に出て行ってくれないと面白くないというのが大前提にあるわけです。

そんなこんなで常に悶々とした中で、それならいっそのことこの価格帯で街乗りからサーキットまで気兼ねなく使えるオイルを作ってしまおうという意気込みで作ったのがassenというわけです。ちょっと未だ安定供給に至っていないので申し訳ないのですが現在リッター600円(しかも税込み)でお届けしましたがこれならハイクラスのオイルと比較して頂いても遜色ない仕上がりだと自負しております。昨日のANの記事ではないですが絶妙なブレンドです。もちろんこれにFRB03を追加していただくとさらにパフォーマンスが向上します。これだけやってもリッター1000円までしないという(汗)

今後半年くらいかけてレギュラー化していきますのでLise同様どうぞ宜しくお願いいたします。Liseも毎年ブラッシュアップして現在4代目のEVOとなっておりますが5代目も計画中です。assenと拮抗してしまいそうですが・・・。どうしてもこの価格帯って必要でしょう?頑張ります^^;。まったく商売にはならないんですけど戦略的な商品ですからお客様の得になればよしですわww。

 それから最近はギアオイルやATFに関するお問合せも多いのですが、まだそれほど車種別の情報を有していないので中々難しいです。商品もガルフ以外出品していないですし・・・。エフェクターもこれら用は未だ限られていますし。エンジンオイルだけでも5年かかってやっとこさ今の状況ですからベースが築けるのには未だ軽く10年以上はかかると想像します。どうか気長にお付き合ませ。

 もう6月ですね・・・。半分かぁ。早いなぁ。それではまたです。
[PR]
# by narrowde | 2017-06-03 00:45 | エンジンオイル

ANの小ネタです

 こんばんは。先日のセールではまたまたたくさんのご注文を頂きまして本当に有難うございますm(_ _)m皆様には申し訳なかったのですが今回は数量もかなり抑えましたので私にとっては程よい緊張感で作業に望めます。体力的にもこのくらいが分岐点かなという感じですわ^^;。まさしく身の丈です。

さて、お約束しておいたセール明けの小ネタですが、実はANをどなた様でも小単位で入手できる方法を伝授します。もう既にご存知の方も多いかと思いますが・・・。しかも日本製のANですよ。

 検索方法としては「拡散ポンプ油 ライオン」でヒットします。え?ライオン?はい。あの誰でも知っているLIONです。日本を代表する一大化学品メーカー(巨大企業)であります。この拡散ポンプ油こそがANそのものなのであります。動粘度もAN5とほぼ同じです。

アルキルナフタレンって正式にはアルキル化ナフタレンというのですが、ナフタレン(固体です)をアルキル化したものですがこのアルキル化するためのアルキル化剤という物質が色々なアプローチがある中で、このLION製のANは恐らくαオレフィン(エチレン=エタンともいうを重合させたもの)を使用しているようです。しかもそのαオレフィンは出光興産製の高純度なものを採用していますので品質も高レベルです。

え?αオレフィンって?PAOのこと?と思われた方はかなりの通です。正確にはαオレフィンを重合(ポリ)させたものがポリαオレフィンとなります。ANの流動点の低さはこのαオレフィンによるものなんですね。その際の炭素数というのが製品の粘度を左右します。このあたりが開発者の絶妙なチョイスと言えます。

出光興産はこのアルファオレフィンを自社で生産している希少な元売り会社ですがこのアルファオレフィンによってさまざまな粘度のPAOも精製しているんですよ。私はこの出光製のPAOが欲しくてアプローチを何度も仕掛けるのですが相手にもされません(涙)まぁ仕方ないはなしなんですけどね。

今回販売したエクソンのPAOもまさに奇跡ともいえるものです。

表面には中々出てこないのですが今回のように違う名前で販売されている素材や基油は探せばあるのかもしれません。但し超高価という但し書きがもれなく付いてきますが・・・。例えばPAOも他業界では20mlで500円で堂々と流通していたりします。そ、そそんなバカな・・・って感じです。私も参戦しようかな^^;。

 それにしても出光のPAO、欲しい・・・。それでは今日はこの辺で。 
[PR]
# by narrowde | 2017-06-01 23:45 | オイル雑学


エンジンオイルや表面処理、モーター関連に関するコアな情報をお届けします^^v


by narrowde

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

検索

最新情報ですよ(^0^)V

エンジンオイルやウエットブラストをはじめ当社の取り扱い商品が購入できるオンラインショップが遂にオープン!!貴方に最適なオイル選びとハイクオリティウエットブラストならぜひ当店へ!



オイル相談室
のフォームを設置しました。お気軽にご利用くださいませ。



当社に対するあらゆるお問い合わせは、お気軽にメールはこちら
までお問い合わせ下さい。




カテゴリ

全体
エフェクタールブ
ホームページ
オンラインショップ
Bクラスオイルコラム
エンジンオイル
Starkシリーズ
ウエットブラスト
オイル雑学
セールSale
バイク

未分類

フォロー中のブログ

【匠のデジタル工房・玄人専科】
Psychederhyt...
近藤岳志の建築設計日記

ライフログ